18日午後、昌原市(チャンウォンシ)の斗山重工業ガスタービン組み立て工場。航空機のエンジン3、4個を合わせたような大きさの巨大なガスタービンのローター(圧縮機・ブレードなどに連結されたタービンの中心軸)がクレーンで移されていた。組み立ての最後の段階であり、ローターがハウジング(覆い)の中に入る場面だ。イ・サンオン斗山重工業ガスタービンプロジェクトマネージャーは

「ここまでが工程の95%」
 

  斗山重工業が独自開発した

「韓国型発電用ガスタービン」
が国産化を目前にしている。斗山重工業はこの日、産業通商資源部の支援を受け、国策課題として開発中の発電用大型ガスタービンの最終組み立て行事を行った。2013年にガスタービンの開発を始めてから6年間で計1兆ウォン(約900億円)の研究開発費が投入された。 

  独自開発したガスタービンは政府の脱原発政策で経営難を迎えている斗山重工業の新しい成長動力になると期待される。経済的効果も大きい。斗山重工業の関係者は

「200余りの中小・中堅企業が参加するだけに新しい産業生態系ができるだろう」
と述べた。国内で稼働中の149基のガスタービンはすべて輸入されたものだ。 

  発電用ガスタービンは部品数だけで4万個にのぼり