現代自動車が今年1-3月期、中国で10年ぶりの最低実績を出した。THAAD(高高度防衛ミサイル)韓国配備に対する中国の報復があった昨年1-3月期よりも販売が落ちた。現代車グループが中国事業を大々的に調整するという見方が出ている。 

  現代車によると、中国合弁会社

「北京現代」
の1-3月期の販売台数は13万2678台と、前年同期(16万2612台)比18.4%減となった。5年連続の減少だ。これは2009年1-3月期(10万9072台)以来の最低水準だ。エラントラ(韓国名アバンテ)やツーソンなど主力モデルの販売が不振だった。 

  バスやトラックなど商用車を生産する四川現代は法人設立(2012年)以降の最悪の実績となった。販売台数が2017年1-3月期(1万1160台)の10分の1水準の1210台だった。専門家はTHAAD報復の後遺症が消えないうえ、急変する中国消費者の嗜好に対応できなかった結果だと指摘する。低価格を前に出す中国ブランドに市場を奪われたという分析もある。 

  自動車業界は現代・起亜車が中国で追加の構造調整に踏み切るとみている。現代車は今月末、北京現代第1工場(年間30万台生産)の稼働を中断する予定だ。第3工場の2つのライン(年産15万台)