韓国政府が6カ月連続で

「景気不振」
判断を下した。2005年3月に最近経済動向(グリーンブック)を出し始めて以降、最長期間となる
「不振」
判断を継続した。 

  企画財政部は20日に出したグリーンブック9月号で

「7月にも韓国経済は生産増加傾向を維持しているが、輸出および投資の不振の流れは持続している」
と診断した。先月のグリーンブックでも
「4-6月期の韓国経済は生産が緩やかに増加したが、輸出・投資不振の流れは持続している」
と評価したのと似ている。雇用と物価については
「就業者増加規模が大きく拡大するなど回復傾向を見せている」
とし
「物価も安定した流れが続いている」
と判断した。毎月発行するグリーンブックは韓国経済の流れに対する政府の公式的な認識を示している。 

  グリーンブックによると、最近の韓国経済は輸出・消費の不振が続いている。8月の輸出(暫定)は前年同月比14.6%減少した。中東と中国を対象にした半導体・コンピューター輸出がそれぞれ39.7%減、31.6%減となったのが主な理由だ。一般機械(-6.2%)、石油製品(-14.1%)、石油化学(-19.2%)などの品目も輸出が減少した。消費を意味する小売販売は前月比0.9%減で2カ月連続で減少した。ただ、鉱工業とサービス業の生産増加で7月の全産