国防部は9日、韓国軍が先月23日以降も日本の海上自衛隊哨戒機の威嚇飛行に対し抗議していたという日本メディアの報道に対し

「事実でない」
と否定した。 

  この日国防部当局者は、

「日本の哨戒機が先月23日に離於島(イオド)周辺海上で韓国海軍の艦艇に向け威嚇飛行をしたと(韓国国防部が)当日発表してから日本の哨戒機の威嚇飛行はなかった。したがって威嚇飛行に対し日本側に抗議したこともない」
と明らかにした。 

   

  同紙はソウル発の記事で、韓国軍関係消息筋の話として海上自衛隊の哨戒機が以前と同じ高度で韓国海軍の艦艇に接近し、韓国軍がこれに対し

「挑発行為」
と自衛隊に抗議した 

  同紙が報道した哨戒機の追加威嚇飛行時期は韓国軍当局が

「自衛権的措置」
を取る可能性に言及した先月23日以降で、正確な日時は指摘されなかった。 

  同紙は韓国国防部がこうした事実を公表していないとし、その背景には韓日関係悪化に対する懸念があると報道した。