今後、韓国政府がアクセスを禁止した違法わいせつ物や賭博などのウェブサイト895サイトに接続しようとすると画面がブラックアウト状態になる。放送通信委員会は放送通信審議委員会が遮断を決めた海外の違法ウェブサイト895サイトに対するアクセスを根本から封じ込めるためにこのような措置を取ると12日、明らかにした。 

  今回の措置はすでに政府が取っている違法有害サイトの遮断方式に比べて強度を高めた。これまで政府は違法有害サイトのインターネットアドレス(URL)を遮断するDNS(ドメイン・ネーム・システム)を利用していた。ユーザーが違法有害サイトのアドレスを利用してアクセスしようとすると

「Warning」
警告ウィンドウが出てくるようにしていた。 

  しかし、この方法では限界があった。URLの前についている通信プロトコル

「http」
の代わりに
「https」
に変えれば迂迴アクセスが可能だった。違法有害サイトのドメインアドレスを
「http」
よりもセキュリティが一層強化された
「https」
に変えて政府のアクセス遮断措置を避けた。 

  このため、政府は海外インターネットサイトで流通している不法撮影物、不法賭博などの不法情報は技術的に遮断できなかった。また、海外事業者に対