釜山市(プサンシ)が強制徴用労働者像を撤去5日で返還することにした。 

  呉巨敦(オ・ゴドン)釜山市長は17日午前、民主労組のキム・ジェハ釜山本部長、パク・イニョン釜山市議会議長と共に釜山市議会のブリーフィングルームで労働者像の返還と円卓会議の構成に関する合意文を発表した。 

  合意文には釜山市議会を推進機構とする

「強制徴用労働者像建設のための釜山市民100人円卓会議」
を構成し、メーデーである5月1日前まで円卓会議が指定する場所に労働者像を設置するという内容が盛り込まれた。 

  呉市長は

「労働者像は返還し、問題解決に向けて積極的な役割を果たしたパク議長に感謝申し上げる」
として
「歴史の真実を明らかにし、痛みを分かち合い治癒するための強制徴用労働者像の建設趣旨には公開的に共感の意向を明らかにしてきたが、行政機関として手続き的問題に関連してやむを得ず措置を取るしかなかった」
と釈明した。 

  釜山市は12日午後、釜山東区草梁洞(ドング・チョリャンドン)の鄭撥(チョンバル)将軍銅像前の徒歩にあった強制徴用労働者像を奇襲撤去する行政代執行を行った。これを受け、釜山地域市民団体と釜山市公務員などが反発して座り込みを展開してき