「非核化措置による一部の制裁解除」
を主張する北朝鮮側の要求に対し、米国務省が現在のところ対北朝鮮制裁を緩和・解除する計画はないと明らかにしたと、米政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)が16日報じた。 

  報道によると、国務省報道官室の関係者は15日(現地時間)、北朝鮮が非核化措置とそれに相応の部分的制裁解除を要求したことをどう受け止めているのかという質問に対し、

「北朝鮮が追求する体制の安全と発展を実現させる唯一の道は大量破壊兵器(WMD)と運搬手段をともに放棄することだという点を北朝鮮側に強調するために、国際社会は国連安保理の対北朝鮮決議をずっと履行していくだろう」
と明らかにした。 

  続いて

「米国は非核化と併行して米朝関係を改善し、韓半島(朝鮮半島)に永久的かつ安定した平和体制構築のための具体的措置を始める準備ができている。北朝鮮と地域、そして全世界のための明るい経済的未来を築くことを期待している」
としながらも
「残念ながら北朝鮮はまだそのような措置を取る準備ができていない」
と述べた。 

   

  これに関連し、崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官は15日、平壌(ピョンヤン)で記者会見を開き、難航する非核化交渉の