昨年の賃金団体交渉に入るためにルノーサムスン労使が12日午後2時に再度向かい合う。ルノーサムスンの命運がかかった交渉だ。ルノーサムスンが釜山(プサン)工場で生産する日産自動車の準中型スポーツ多目的車(SUV)

「ローグ」
の受託生産契約が9月で終わるためだ。 

  ローグの生産台数10万7245台はルノーサムスン釜山工場の総生産台数22万7577台のほぼ半分の47.1%を占める。後続生産配分を受けられなければ釜山工場の半分が稼動を停止することになるという意味だ。ルノーグループのロス・モザス副会長(製造・供給ネットワーク管理部門総括)は1日、釜山工場の労働者にビデオメッセージを送りスト自制を要請した。ルノーサムスンは

「ローグ後続生産がすべてなくなると仮定する場合、理論的に釜山工場は約900人の人材縮小が必要な状況」
と深刻性を伝えた。鋭く対立する双方の立場をファクトチェックした。 

  (1)生産職の年俸、正確にいくら? 

  ルノーサムスン労組は

「釜山工場で8年間勤めても基本給は133万ウォンにすぎない」
と主張する。これに対し会社側は
「平均年俸は8000万ウォンに達する」
と反論する。双方の主張はいずれも事実を基盤とする。 

 &nbs