「国民年金のスチュワードシップコードを積極的に行使し、国民が預けた株主の役割を忠実に果たします」
 

  文在寅(ムン・ジェイン)大統領が今年1月、公正経済推進戦略会議でこのように述べて

「大企業大株主の脱法と違法に必ず責任を問う」
と宣言した。文大統領の大統領選挙公約だったスチュワードシップコードの導入が趙亮鎬(チョ・ヤンホ)韓進(ハンジン)グループ会長一族の論争を契機に加速化した。 

  文大統領だけではない。政府がスチュワードシップコードは

「グローバルスタンダード」
だと言って率先して推進している。文在寅政府発足以降の2017年12月、朴凌厚(パク・ヌンフ)保健福祉部長官は国民年金基金運用委員会会議で
「スチュワードシップコードは海外20カ国余りの先進国で導入されている世界的流れだと承知している」
と述べた。 

  しかし、国民年金基金運用方案が世界的な流れとは逆行していることが分析で分かった。国民年金の非独立的な支配構造が維持されている状況で、スチュワードシップコードの無理な導入は政府の過度な介入を招くという指摘が出ている。 

  韓国経済研究院が19日、資産規模基準世界5大国家の年金基金の運用実態を調査した結果、基金運用