【世宗聯合ニュース】世界貿易機関(WTO)の事務局長選挙への立候補の届け出が8日(現地時間)、締め切られる。韓国政府は産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長(次官級)を出馬させ、本格的な選挙キャンペーンに突入する体制を整えた。世界の外交ネットワークを総動員し、WTO加盟国の支持取り付けに乗り出す方針だ。

 WTOによると、締め切り前日の7日までに韓国をはじめメキシコ、ナイジェリア、エジプト、モルドバの5カ国の候補者が名乗りを上げた。事務局長候補の最右翼とされた欧州連合(EU)欧州委員会のホーガン委員(通商担当)は出馬断念を表明した。 先進国が候補を立てていないことから、現在の筋書き通りに進めば韓国人初となるWTO事務局長輩出の可能性もあると分析される。 事務局長の選出までは通常6カ月かかるが、リーダーが空席となる期間を減らすため、手続きを早める可能性が高い。 韓国がWTO事務局長に挑戦するのは今回が3回目。政府内外では

「やってみる価値はある」
との雰囲気が広がっている。青瓦台(大統領府)の金尚祖(キム・サンジョ)政策室長は先ごろ、ラジオ番組に出演して
「十分に勝算がある」
との考えを示した。 メキシコの場合、経済協力開発機構(OECD)の事務総長を同国出身者が務めており、加盟国の間でけん制心理が働くことが考えられる。また、加盟国の3分の1を占めるアフリカ