【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が4日発表した国際収支(速報値)によると、4月の経常収支は31億2000万ドル(約3400億円)の赤字だった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で輸出が急減したことから、2019年4月以来、1年ぶりに赤字に転落した。赤字幅も11年1月(31億6000万ドルの赤字)以降、9年3カ月ぶりの大きさだった。

 4月の商品収支(貿易収支に相当)の黒字は8億2000万ドルにとどまり、前年同月に比べ47億9000万ドルの大幅縮小となった。12年4月(3億3000万ドルの赤字)以来、8年ぶりの低水準だ。 4月の輸出額は前年同月比24.8%急減。石油製品、乗用車、半導体など大半の品目で減少した。輸入額は16.9%減と、輸出の減少幅を下回った。 こうした輸出減少による商品収支の黒字縮小に加え、3月決算企業の配当金支払いが4月に行われたことで、給与・賃金と投資に伴う利子や配当を差し引きした所得収支(第1次所得収支)が22億9000万ドルの赤字を計上した。ただ、赤字幅は前年同月に比べ約19億ドル縮小した。 4月のサービス収支も14億2000万ドルの赤字となった。赤字幅は前年同月比で1億5000万ドル拡大した。 サービス収支のうち、知的財産権使用料収支は前年同月の2000万ドルの黒字から2億9000万ドルの赤字に転じた。 旅行収支は3億4000万ド