文喜相(ムン・ヒサン)韓国国会議長が外信インタビューで、従軍慰安婦問題を解決するには天皇(原文は日王)が謝罪しなければならない、という趣旨の発言をした。 文喜相議長は8日に報道されたブルームバーグとのインタビューで、従軍慰安婦問題に関して、

「日本を代表する首相か、あるいは間もなく退位する天皇が(謝罪するのが)望ましいと思う」
と述べた。 この発言は、現在の明仁天皇を指しているものだ。文喜相議長は
「(明仁天皇は)戦争犯罪の主犯の息子ではないか。その方が一度(慰安婦だった)おばあさんたちの手を握って『心から申し訳なかった』と一言言えば(慰安婦問題による確執は)すっきり解消されるだろう」
と言った。 文喜相議長はまた、2015年の韓日慰安婦合意文に
「軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から、日本政府は責任を痛感している」
という文言が記載されことについては、
「それは法的な謝罪だ。国家間で謝罪をしたり、謝罪を受けたりしたことはあるが、問題は被害者がいるということだ」
と述べた。