【ソウル聯合ニュース】韓国の青瓦台(大統領府)関係者は28日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の訪中について、中国政府から事前に通知を受けていたと明らかにした。ただ、中国政府が通知した時期については

「分からない」
と述べた。 中国はこの日午前、金委員長が習近平国家主席の招きで25~28日に中国を訪問したと発表した。北朝鮮メディアの報道によると、訪中には夫人の李雪主(リ・ソルジュ)氏のほか、崔竜海(チェ・リョンヘ)党副委員長、朴光浩(パク・グァンホ)党副委員長、李洙ヨン(リ・スヨン)党副委員長、金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長兼統一戦線部長らが同行した。