北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の実妹・金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長が脱北者による北朝鮮向けビラ散布に不快感を表わし、南北軍事合意破棄の可能性にまで言及したことが分かった。 金与正氏は4日の談話で、

「南朝鮮当局が応分の措置を取れないならば、金剛山観光廃止に続き、開城工業地区の完全撤去がなされるか、南北共同連絡事務所が閉鎖になるか、あってもなくてもいい北南軍事合意破棄になるか、しっかりと覚悟はしておかなければならないだろう」
と明らかにした朝鮮中央通信が伝えた。