【ソウル聯合ニュース】韓国の李仁栄(イ・イニョン)統一部長官は25日、北朝鮮に近い海域で韓国公務員の男性を北朝鮮軍が射殺した事件を巡り、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が謝罪したことについて

「非常に異例」
との認識を示した。また、
「申し訳ないという表現を2回も使って北の立場を発表した例はなかったと承知している」
と述べた。国会外交統一委員会で答弁した。

 李氏は北朝鮮側がこのような対応を取った理由に関しては、

「この状況が(南北関係の)破局に向かわないようにするための対応ではないかと判断する」
との見解を示した。浮遊物を燃やしたと説明していることについては、
「(政府の発表と)違いが生じる部分はそれぞれ確認する過程が必要」
とし、
「関係閣僚会議で議論する」
と付け加えた。 韓国軍当局は北朝鮮側が男性を射殺後、油をまいて燃やしたとみられると説明していた。