【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は11日、洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官から主な経済懸案についての定例報告を受けた席で、世界の景気減速などによる経済状況の悪化を補うため、一段と積極的に財政を執行するよう指示した。青瓦台(大統領府)の高ミン廷(コ・ミンジョン)報道官が記者会見で伝えた。

 文大統領は

「世界経済の鈍化などで民間部門の活力が弱まる状況において、財政を通じて効果的に補完することが政府の基本責務だ」
と述べたという。 また、日本による対韓輸出規制の強化に関し、
「輸出規制から100日が経過したが、これまで企業と政府が懸命に対応したおかげでおおむね無難に対処できた。素材・部品・装備(装置や設備)の輸入先多角化、自立化、国産化を促進する契機になった」
と述べて関係官庁の努力を高く評価した。