【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子は24日、電子機器の頭脳部となるシステムLSI(大規模集積回路)分野の研究開発(R&D)や生産施設拡充のため2030年までに133兆ウォン(約13兆円)を投資し、専門人材1万5000人を採用することなどを盛り込んだ

「半導体ビジョン2030」
を発表した。半導体メモリーのみならずシステムLSIでも世界トップを目指す。

 同ビジョンでは

「国内の中小企業との生産協力を通じ、韓国のシステムLSI産業の発展もリードする」
と強調した。 30年までに研究開発と設備投資に年平均11兆ウォンを投じ、42万人の間接雇用を生むと試算している。