韓国人外交官A氏がニュージーランドでわいせつ行為・セクハラ(性的嫌がらせ)をしたとの疑惑が持たれている問題で、A氏に対する捜査に非協力的な姿勢を見せて外交問題を起こしている韓国外交部が、フィリピン政府には

「韓国でセクハラ容疑により訴えられた元駐韓フィリピン大使を早急に韓国に送り返せ」
と強く要請していることが3日、確認された。現地の元政治家から特任大使になったと言われている。召喚調査が難しくなったことから、韓国警察は元大使について今年5月、国際刑事警察機構(ICPO、通称:インターポール)に手配を要請、最も緊急性の高い
「赤手配」
が発令された。赤手配は逮捕状が発行された重罪被疑者に下される国際手配だ。韓国外交部は手配が出された後、フィリピン当局にノエ・ウォン元大使事件と関して
「懸念」
「遺憾の意」
を表明、元大使に対する逮捕状が執行されるよう協力を要請した。外交消息筋は
「フィリピン政府が捜査協力に積極的な姿勢を見せていない。先日も外交チャンネルを通じて今回の事件を想起した」
と話す。ニュージーランド外務省が、同国人男性の尻・股間など身体の複数部位に対して3回にわたりわいせつ行為に及んだ疑いが持たれている韓国人外交官への逮捕状執行などで韓国政府に捜査協力を要請しているのと同様のことが、韓国とフィリピンの間でも行われているのだ。