各候補者の陣営に配布した対外秘選挙戦略マニュアルで

「国政の足を引っ張る統合党をボイコットせよ」
文政権の政策は自画自賛 韓国与党・共に民主党が各候補者の陣営に配布した総選挙マニュアルで、最大野党・未来統合党について
「旧態依然の年寄り政党」
「日本に際限なく屈従する勢力」
と規定して攻撃する4・15総選挙広報戦略を立てていたことが分かった。 共に民主党選挙対策委員会戦略本部は最近
�代総選挙戦略・広報・遊説マニュアル」
と題された対外秘報告書を取りまとめ、各候補者の陣営に配布したことが31日までに分かった。共に民主党はこの報告書の
�代総選挙メッセージマニュアル」
という項目の中で、未来統合党が
𰃅・18不正」
だとか
「セウォル号侮辱」
などの暴言を日常的に使う
「旧態依然の年寄り」
勢力であることを強調するよう求めた。メッセージの例としては
「国政の足を引っ張る統合党をボイコットしてほしい」
「大韓民国を過去に退行させる統合党を阻止してほしい」
「国民を分裂させる統合党を審判してほしい」
「統合党の暴言・フェイクニュース歴史歪曲(わいきょく)政治を終わらせてほしい」
などを挙げた。 共に民主党は報告書で、未来統合党の一部から総選挙後の
「文在寅(ムン・ジェイン)大統領弾劾推進」
の声が上がっていることも宣伝に活用するよう指示した。