2019年1月9日、・朝鮮日報は、人気店の行列に並ぶ人たちのマナーについて
「日本と韓国では全く違う」
と指摘した。 

記事によると、昨年テレビで紹介され、一躍有名となったソウルのとんかつ専門店では、今月8日にやむなく休業する事態が発生した。店の前で開店を待っていた客の間で

「どちらが先にいたか」
をめぐり口論が起きたためだ。同店は昨年11月にテレビで紹介されて以降に客の騒音やマナー違反などで近隣住民とトラブルが相次いだことを受け、店長が最近
「列に並ぶ問題で騒ぎがあったらその日は休業とする」
とのルールを作っていたという。 

韓国では同店以外にも、テレビやSNSで紹介された後に客が殺到し、

「行列マナー」
の問題で近隣住民から抗議を受ける店が増えているという。一部の客が道路を占領したり、近隣の住宅の玄関や店の入り口をふさいだりすることが原因。住宅街にある店の場合は、住宅の壁の前で大きな声で騒ぐ客が原因で住民から抗議を受けるケースが続出している。こうした問題は、有名ファッションブランドが限定品を発売する際にもよく見られる。また出勤時間帯のバス停では日常化しているという。 

その上で。 

これに、韓国のネットユーザーからは

「これは認める。行列マナーにおいては日本が世界で一番優秀だ」
「韓国の公衆道徳はまだまだ後進国」