2019年8月20日、・国民日報などによると、韓国で拡散する日本製品不買運動の影響により、大韓航空が日本路線を減らして東南アジア路線を拡大することを決めた。 

記事によると、大韓航空は9月16日から釜山-大阪路線(週14回)の運休に入り、11月1日からは済州-成田路線(週3回)、済州-関西路線(週4回)の運航も中断する。この他、仁川-小松路線(週3回)、仁川-鹿児島路線(週3回)が9月29日から11月16日まで、仁川-旭川路線(週5回)が9月29日から10月26日まで一時的に運休。さらに週28回運航していた仁川-大阪路線、仁川-福岡路線などは10月27日から11月16日まで週21回に、週7回運航していた仁川-沖縄路線は週4回、週14回運航していた釜山-成田路線、釜山-福岡路線は9月29日から11月16日まで週7回に減便する。 

これについて記事は

「日韓関係悪化による日本路線の需要減少を考慮したとみられる」
と説明している。 

また、同社は日本路線を減らす代わりに東南アジア路線などを増やす計画。10月27日からは仁川-クラーク路線を週7回、新規で就航する。また仁川-ダナン路線を増便して週21回運航し、仁川-チェンマイ路線と仁川-バリ路線も週11回運航する計画で、他にもオセアニアや中国路線を増やすという。 

今回の路線調整