中国の軍事系メディア・解放軍新聞は20日付の記事で、日韓の対立が続いている問題について
「“心の病”を消すことは難しい」
 

記事は冒頭、

「徴用工問題が引き金となった日韓の“戦火”は、すでに経済貿易の領域から安全保障協力の領域へと広がった。日韓双方のかつての恨みは消すことが難しく、さらに新しい紛争が加わり、北東アジアの安全保障問題をより複雑化している」
と指摘した。 

軍事科学院戦争研究院の江新鳳(ジアン・シンフォン)研究員は、

「日韓の貿易摩擦は、もともと民意の支持の基礎が欠けている相互の信頼関係には“泣きっ面に蜂”だった」
と指摘。
「関係悪化は一日にしてならず。貿易摩擦は双方の対立の表れ。徴用工問題、問題、領土問題は、国民が最も解くことが難しいわだかまりである」
とし、
「両国は請求権協定と慰安婦合意で合意に達しているとはいえ、これらはいずれも韓国国民の納得を得られておらず、ひとたび関係が冷え込むと摩擦の“導火線”となる」
「領土問題も重大な障害だ。韓国はに主権を主張する石碑を立てただけでなく、周辺海域で軍事演習を行い、日本の神経を刺激している」
などと説明した。 

記事は、

「日本の輸出規制で劣勢となった韓国もだまっていない」
とし、
「韓国国内では日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を求める声が高まっている。この協定は日韓安