2019年8月19日、・聯合ニュースは
「旧日本軍による強制動員の事実を否定した釜山大学教授に対し、謝罪を求める声が大学内外から殺到している」
 

韓国の釜山大学政治外交学科の李哲淳(イ・チョルスン)教授は、先月19日に開かれた行事に出席した際、

�年代に慰安婦問題が突然飛び出したが、そのようなものはなかった」
「そのような記憶がないので伝承されなかったのだが、それが大きく膨らまされた」
などと話した。記事はこれを
「慰安婦強制動員は事実ではない」
という趣旨の発言だと指摘している。 

これに対し釜山大学社会科学部の教授22人が現在、李教授に発言の責任を問うため教授会の開催を求めている。政治外交学科の学生たちも

「恥ずかしさを感じる。これ以上、慰安婦被害者を冒とくするな」
などと書いた抗議文を構内に貼り出すなどしている。釜山大学民主同門会では行事の際に李教授に謝罪を求める横断幕を設置するなどしているという。 

また、同行事に出席した行政学科のキム・ヘンボム教授も

「光州(クァンジュ)のある高校ではボールペンの材料に日本製品が含まれているからといってボールペンを折るパフォーマンスをしているが、家に帰れば任天堂のゲームをするのではないか」
との内容の発言をしたと、記事は伝えている。 

この記事に韓国のネットユーザーからは