LGディスプレー ベトナムの有機EL生産拡大へ=790億円投資

2021年2月8日 ニュース, 朝鮮日報

【ハノイ聯合ニュース】韓国のLGディスプレーが、ベトナム北部・ハイフォン市のモジュール組み立て工場に7億5000万ドル(約790億円)を新たに投資し、有機EL(OLED)生産設備を大幅に拡大することが分かった。現地メディアが8日、報じた。

 これにより、LGディスプレーのベトナムへの投資規模は計32億5000万ドルに増える。 同社によると、早ければ来月から既存のモジュール組み立て工場のOLED生産設備を大幅に拡充する。 また、来年までに現地で従業員約5000人を新たに採用するという。 現地の消息筋は

「LGディスプレーはOLEDディスプレー市場が拡大すると見込み、工場内の生産設備を拡充することを決めたと承知している」
と述べた。

LGディスプレー ベトナムの有機EL生産拡大へ=790億円投資 続きを本紙で読む 》

WTO事務局長選 韓国候補が撤退表明

2021年2月8日 ニュース, 朝鮮日報

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長は5日、立候補している世界貿易機関(WTO)事務局長選から撤退する意向を表明した。近くWTOに伝えるという。

 兪氏は昨年6月、事務局長選への立候補をWTO側に届け出た。約7カ月にわたる選挙戦はこれで幕を下ろした。 韓国からのWTO事務局長選への挑戦は今回が3回目。1994年と2012年にもそれぞれ立候補したが、選出されなかった。 今回のWTOの事務局長選では、8カ国が候補を出し、第1ラウンドで5人に絞られ、第2ラウンドで兪氏とナイジェリアのオコンジョイウェアラ元財務相が最終候補に残った。 WTOは昨年10月28日、より多くの加盟国の支持を集めたオコンジョイウェアラ氏を事務局長に推薦し、事務局長に選出しようとしたが、米国が反対を表明したため、原則となっている全会一致での合意に至らず決着がつかなかった。 兪氏は撤退の理由について、米国などと協議を進め、WTOの機能を活性化する必要性などを総合的に判断して決めたと説明した。 米国が新政権発足に伴い、オコンジョイウェアラ氏支持に方針を変更したものと受け止められる。 兪氏の撤退により、WTO事務局長にオコンジョイウェアラ氏が就任するとみられる。 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は4日に行われたバイデン米大統領との電話首脳会談で、WTO事務局長選に

WTO事務局長選 韓国候補が撤退表明 続きを本紙で読む 》

ハーバード大教授に抗議 論文で「慰安婦は売春婦」と主張=韓国団体

2021年2月8日 ニュース, 朝鮮日報

【ソウル聯合ニュース】インターネット上などで民間外交を行う韓国の市民団体VANKは8日、旧日本軍の慰安婦は

「売春婦」
だとする内容の論文を書いたジョン・マーク・ラムザイヤー米ハーバード大ロースクール教授と、この論文を掲載予定の国際学術誌の編集者らに対し、抗議の電子メールを送り論文の撤回を求めたと明らかにした。約100人のVANK会員による直筆の手紙、VANKが世界最大のオンライン署名サイト
「チェンジ・ドット・オーグ」
に掲載した撤回要求の請願に対する各国の賛同者約3700人のリストも添えた。

 ラムザイヤー氏は、来月刊行予定の

「インターナショナル・レビュー・オブ・ロー・アンド・エコノミクス」
誌に
「太平洋戦争における性サービスの契約」
(Contracting for sex in the Pacific War)と題した論文を発表することになっている。募集業者の責任」
「慰安婦はたくさん金を稼いだ」
など、日本の右翼と同じ主張を展開している。 ラムザイヤー氏は、戦時中に朝鮮半島出身者を働かせた
「戦犯企業」
である三菱の支援を受ける碩座教授で、日本政府から旭日中綬章を授与されている。 VANKは、ラムザイヤー氏が慰安婦被害者を象徴する少女像の横の椅子に座っている姿をデザインしたデジタルポスターを作成し、交流サイト(SNS)で各国に配布している。ポスター
ハーバード大教授に抗議 論文で「慰安婦は売春婦」と主張=韓国団体 続きを本紙で読む 》

「日本オンライン採用博覧会」開催 大韓貿易投資振興公社 

2021年2月8日 ニュース, 朝鮮日報

【ソウル聯合ニュース】大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が8日から3日間、

「日本オンライン採用博覧会」
を開催する。

 博覧会には日産自動車、日立物流など日本企業34社が参加し、67の職種で144人を採用する予定だ。志願者592人のうち書類審査を通過した201人がオンライン面接に臨む。 職種別の採用人員はITエンジニアが45人で最も多く、次いで技術職(44人)、事務・管理職(22人)、営業職(20人)などの順。 KOTRAによると、最近は日本企業の投資と雇用が委縮しているが、昨年のIT関連の投資は前年比15.8%増加した。 また、日系企業1249社を対象とした調査では約18%が海外拠点の人員を増やす計画があると答えた。

「日本オンライン採用博覧会」開催 大韓貿易投資振興公社  続きを本紙で読む 》