文在寅(ムン・ジェイン)大統領と米国のバイデン大統領は4日、初の電話会談を行い、

「可能な限り早期に包括的対北朝鮮戦略を共に取りまとめていく必要がある」
との認識で一致した。青瓦台(韓国大統領府)が明らかにした。しかし北朝鮮問題の核心的な争点である
「非核化の方法論」
などについての具体的な言及はなかった。 文大統領はこの日午前8時25分から57分までの32分間、バイデン大統領と電話会談を行った。バイデン大統領就任から14日後のことだ。会談で文大統領は
「韓半島非核化および恒久的平和定着を進展させるため、共同で努力を進めていこう」
と呼び掛けた。これに対してバイデン大統領は
「韓半島問題解決の主要な当事国である韓国側の努力を評価する」
とした上で
「韓国と同じ立場が重要だ」
と述べた。韓半島問題において
「同じ立場」
を強調したことについて、一部では
「文大統領が進めてきた対北朝鮮政策に異見を示したのではないか」
との分析もある。しかし青瓦台は
「韓国と緊密に協議し、協力するという趣旨だ」
「異見は全くなかった」
と説明した。 この日両首脳が言及した
「包括的対北朝鮮戦略」
については、
「これまで文在寅政権とトランプ前政権が進めてきた対北朝鮮政策の流れの見直しを意味する」
との見方もある。バイデン政権はトランプ式の米朝首脳会談のようなトップダウン方式は好まず、具体的な実務交渉、さらには韓国や日本など同盟国との協力