14時間報告しなかった青瓦台、今になって「文大統領に密に報告」

2020年10月2日 ニュース, 朝鮮日報 , , , ,

 青瓦台は28日、ホームページに

「北朝鮮軍による韓国海洋水産部職員イ氏銃殺事件」
前後の行動が一部含まれている文在寅(ムン・ジェイン)大統領の9月第4週の日程を追加公開した。青瓦台関係者は
「公開された文大統領の日程を見ても、今回の事件に関する報告がどれだけ密に行われたのか十分、分かるだろう」
と言った。 文大統領は22日午後6時36分、(青瓦台の参謀たちが仕事をする)与民館の執務室で、
「イ氏が海上で行方不明になり、その後、北朝鮮側に発見された」
という書面報告を受けた。それから14時間後の23日午前8時30分に官邸で、
「北朝鮮がイ氏を銃殺した後、遺体を焼却したものと見られる」
という対面報告を受けた。文大統領は午前9時13分から10分間、再び安保室の報告を受けるなど、23日午前だけで4回報告を受けた。遅まきながら事態が深刻だと判断したものと見られる。 文大統領は24日に3回、25日に2回報告を受け、週末の26日と27日にも官邸で報告を受けた。文大統領が27日に緊急安保関係長官会議を初めて主宰したのは、安保室報告11回目以降に行われたものだ。青瓦台の姜珉碩(カン・ミンソク)報道官はこうした過程を
「韓半島(朝鮮半島)の危機管理のための時間」
だと言った。

14時間報告しなかった青瓦台、今になって「文大統領に密に報告
続きを本紙で読む 》

北朝鮮と中国の貿易 今年7割減=新型コロナの影響

2020年10月2日 ニュース, 朝鮮日報

【ソウル聯合ニュース】今年1~8月の北朝鮮と中国の貿易額は約5億1000万ドル(約537億8000万円)で前年同期に比べ約7割減少した。国会外交統一委員会の全海チョル(チョン・ヘチョル)議員(与党

「共に民主党」
)が2日、統一部などから提出を受けた資料を基に伝えた。

 資料によると、同期間の北朝鮮から中国への輸出は70.3%減の4192万ドル、輸入は70.2%減の4億7000万ドルだった。 北朝鮮の貿易に中国が占める割合は、国際社会の対北制裁などにより2007年の67.1%から昨年は95.4%に拡大した。  昨年、北朝鮮が中国から輸入した上位10品目は織物、大豆油、米、時計部品、小麦粉、編物、医薬品、タイル、家具、タイヤだった。  対中貿易額の減少は新型コロナウイルス感染拡大による北朝鮮の防疫状況と関連がある。北朝鮮は今年1月末から国境を全面的に封鎖して中国との人の移動を遮断し、物資の搬入も制限している。 全氏は

「新型コロナで北の経済難が悪化している」
とし、
「北の対中依存度の高まりが緩和されるよう南北経済協力など多様な努力を傾ける必要がある」
と指摘した。

北朝鮮と中国の貿易 今年7割減=新型コロナの影響 続きを本紙で読む 》