新型コロナ感染者がさらに増加 計433人に=韓国

2020年2月22日 ニュース, 朝鮮日報

【ソウル聯合ニュース】肺炎を引き起こす新型コロナウイルスを巡り、韓国の中央防疫対策本部は22日、この日午前9時から同午後4時までに新たに87人の感染が確認されたと発表した。韓国での感染者数は計433人となった。

 新たに感染が判明した87人のうち、62人は多数の感染者が出ている新興宗教団体

「新天地イエス教会」
の大邱市の教会と関わりがある。すでに感染者が出た慶尚北道・清道の病院に関連した人は3人。 一方、感染者のうち1人が同日付で隔離措置が解かれ、完治して病院を退院した人は18人となった。

新型コロナ感染者がさらに増加 計433人に=韓国 続きを本紙で読む 》

韓国政府が声明 「竹島の日」式典開催に抗議

2020年2月22日 ニュース, 朝鮮日報

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は22日、島根県がこの日

「竹島の日」
の式典を開いたことに強く抗議する報道官声明を発表した。

 外交部は声明で、日本が挑発を繰り返していることに対し強く抗議し、同式典の廃止を求めた。 また

「日本政府は歴史的、地理的、国際法的に明白なわが国固有の領土である独島に対する不当な主張を直ちにやめ、謙虚な姿勢で歴史を直視すべきだ」
と強調した。 同部の金丁漢(キム・ジョンハン)アジア太平洋局長は同日午後、在韓日本大使館の相馬弘尚総括公使を呼び抗議するとともに、遺憾の意を伝えた。 島根県は2005年、2月22日を竹島の日とする県条例を制定し、06年から毎年式典を開催している。今年も式典に内閣府政務官が出席した。日本政府は13年から政務官を式典に派遣している。

韓国政府が声明 「竹島の日」式典開催に抗議 続きを本紙で読む 》

大邱・慶尚北道の陰圧病床不足で感染が確認された後も70人以上が自宅で待機

2020年2月22日 ニュース, ハンギョレ ,

 大邱(テグ)市北区に住む50代女性のKさんは20日未明、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の陽性判定を受けたにもかかわらず、陰圧病床がなく、40時間以上自宅で待機している。Kさんの家族と隣人らは

「感染するのではないか、気が気でない」
と話した。 感染者の急速な増加で、陰圧病床の不足による患者の自宅待機が増えている。大邱地域で18日以降COVID-19への感染が確認された84人のうち、陰圧病室に入院したのは30人に満たない。これまで約50人が感染確認後にも少なくは20時間から多くは40~50時間にわたり自宅で待機しているという。 大邱地域の総合病院に設けられた陰圧病床は65床であり、このうち40床が利用可能な状態だが、現在空きベッドがない状態だ。陰圧病床は絶対的に不足しているのに、感染者が急速に増えていることを受け、大邱市は大邱医療院の一般病床の373床や啓明大学大邱東山病院の一般病床の117床に患者らを入院させる計画だ。大邱医療院の関係者は
「入院している患者たちを他の病院に移送し、COVID-19患者を受け入れる準備に入った。ただし、直ちに一般病室を全て空けることはできず、患者が退院したり、他の病院へ行くまでは少し時間がかかると思われる」
と話した。 慶尚北道地域でも事情は変わらない。浦項(ポハン)市南区に住む女性(24)は大邱新天地教会の礼拝に出席し、21日未明1時
大邱・慶尚北道の陰圧病床不足で感染が確認された後も70人以上が自宅で待機 続きを本紙で読む 》

新型コロナが全国に拡大 17自治体中12で感染者発生=韓国

2020年2月22日 ニュース, 朝鮮日報

【ソウル聯合ニュース】韓国で新型コロナウイルスの感染が急速に広がっている。当局の発表によると、21日午前時点で新たに52人の感染が確認され、感染者数は156人となった。

 10日の28人に比べ、5倍以上増えたことになる。 全国の17の広域自治体のうち、感染者が出ていない地域は釜山市と蔚山市、江原道、大田市、世宗市だけだが、これらの地域に感染が拡大するのは時間の問題とみられる。 21日午前時点で感染者が最も多いのは大邱市で、計84人の感染が確認されている。大多数は新興宗教団体

「新天地イエス教会」
の信者らで、地域で緊張が高まっている。 慶尚北道での感染者は27人で、ソウル市は18人、京畿道は17人となっている。 光州市の感染者3人は大邱市にある新天地の教会で礼拝に参加した信者だ。 全羅北道では大邱市を旅行した男性ら2人、慶尚南道では大邱市の新天地教会を訪れた2人の感染が確認されている。 忠清南道では空軍の将校1人、忠清北道では陸軍の将校1人の感染者が出た。最南端・済州道でも海軍の兵士1人の感染が確認された。 仁川市では韓国で初めての感染者が確認された先月20日以降、新たな感染者が出ていない。

新型コロナが全国に拡大 17自治体中12で感染者発生=韓国 続きを本紙で読む 》

韓国の感染者204人に 1日で倍増=大邱の教会関係者が144人

2020年2月22日 ニュース, 朝鮮日報

【ソウル聯合ニュース】肺炎を引き起こす新型コロナウイルスを巡り、韓国の中央防疫対策本部は21日、この日午前9時から同午後4時までに新たに48人の感染が確認されたと発表した。この日午前に発表された52人を合わせれば、この日だけで100人の感染者が出たことになる。韓国での感染者数は計204人となった。

 新たに感染が判明した48人のうち46人は、多数の感染者が出ている新興宗教団体

「新天地イエス教会」
の大邱市の教会と関わりがあり、この46人のうち42人は大邱で確認された。 同教会との関連が明らかになっていない2人は、ソウルと京畿道で確認されたが、感染経路については現在調査中という。 同教会と関わりのある感染者の数は合計144人になった。  国内で初めて医療関係者の集団感染が発生した慶尚北道清道郡の病院ではこれまでに16人の感染が確認され、このうち1人は感染により持病が悪化して19日に死亡した。感染は死亡後に行われた検査で確認された。  韓国で感染が確認された204人のうち、これまでに完治したのは16人。 一方、感染の有無について検査した人は、感染者を除き合計1万6196人で、このうち1万3016人は陰性と判定された。残りの3180人については検査中だ。

韓国の感染者204人に 1日で倍増=大邱の教会関係者が144人 続きを本紙で読む 》

北朝鮮 恒例の国際マラソン大会を中止に=新型肺炎流入防止で

2020年2月22日 ニュース, 朝鮮日報

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの流入を防ぐため、先月から国境を封鎖している北朝鮮が毎年4月に開催する

「平壌国際マラソン大会」
を中止にしたことが21日、分かった。

 中国・北京にある北朝鮮専門旅行会社

「高麗ツアー」
などは21日までに、自社ホームページで
「北朝鮮内の協力者から平壌国際マラソン大会が中止になったという連絡を受けた」
中止の理由については、
「新型コロナウイルス感染を防ぐための国境封鎖の一環」
と説明した。 同マラソン大会は故金日成(キム・イルソン)主席の生誕記念日である4月15日の
「太陽節」
を記念して毎年4月に開催され、2014年からは外国人の参加も認められている。今年は4月12日に開催される予定だった。 昨年の大会には前年より約2倍多い、1000人余りの外国人が参加したとされる。 今年は中国や韓国など隣接した地域で新型コロナウイルスの感染が拡大していることから、大会を開催して多くの外国人が入国することを懸念したものとみられる。

北朝鮮 恒例の国際マラソン大会を中止に=新型肺炎流入防止で 続きを本紙で読む 》