横浜港クルーズ船の韓国人 14人全員が健康=下船対象者はなし

2020年2月14日 ニュース, 朝鮮日報

【ソウル聯合ニュース】日本の横浜港で停泊中のクルーズ船

「ダイヤモンド・プリンセス」
で新型コロナウイルスの集団感染が発生したことで、同船に乗船している韓国人の健康に対する懸念が高まっている。 外交部が13日までに発表した内容によると、同船に乗船している韓国人は乗客9人、乗員5人。 外交部関係者は
「韓国人の搭乗者は全員健康に異常がないと把握されている」
と話した。横浜の韓国総領事館は韓国人の乗客乗員と個別に連絡して健康状態を確認している。 日本政府は13日、陰性が確認された80歳以上の高齢者や持病がある人は14日から下船させる計画を発表した。これと関連して、外交部関係者は
「韓国人の搭乗者のうち、80歳以上の人や健康に大きい問題がある人がいないため、下船の対象には含まれていないと承知している」
と話した。 また韓国人の乗客9人のうち、6人は日本の特別永住者や永住者であり、残りの3人のうち2人も日本に生活の拠点があるため、韓国で暮らす人は1人であることが分かった。 韓国人乗員5人のうち、1人は日本の永住者で、残りの4人のうち2人は米国で生活しているという。 外交部関係者は
「現在、クルーズ船に乗っている韓国人のうち、国内への移送を求めている人はいない」
と述べた。

横浜港クルーズ船の韓国人 14人全員が健康=下船対象者はなし 続きを本紙で読む 》

[インタビュー]太極旗掲げられた日本のクルーズ船、韓国人搭乗客のストーリー

2020年2月14日 ニュース, ハンギョレ , , ,

 日本に停泊しているクルーズ船

「ダイヤモンド・プリンセス」
号で発生したCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の感染者数はこれまで218人(13日午前基準)。この船には乗客・乗務員含めて、韓国人14人が10日以上に隔離されている。日本政府の判断によって全体搭乗客の下船が禁止された今、韓国人搭乗客の状況はどうだろうか。 13日、ハンギョレTVの
「フォンタビュー」
(電話インタビュー)制作陣は、日本の横浜現地にあるユン・ヒチャン横浜総領事に詳しい話を聞いてみた。彼は最近SNSや携帯電話、客室固定電話などで韓国人搭乗客とコミュニケーションを取ってきた。 日本のクルーズ船内の韓国人搭乗客の健康は現在大丈夫だろうか? ユン総領事は
�日午前中に確認したところ、全員健康であることが分かった」
とし、
「高血圧などの持病がある方にも昨日必要な薬を支給した」
と述べた。 
「約50カ国の搭乗客が大型クルーズ船に閉じ込められ、隔離された特殊な状況でも、韓国人乗客たちは韓国総領事館との緊密なコミュニケーションや物品支援により、心理的にも安定的な姿を見せている」
とユン総領事は説明した。 ユン総領事は
「韓国人だから安心できる、祖国を誇らしく思っているとし、太極旗(韓国の国旗)を要請した乗客もいた」
と述べた。 さらに
「韓国人搭乗客の中にはインターネットを通じて『日本に旅行に行った売国奴』という悪質な書き込
[インタビュー]太極旗掲げられた日本のクルーズ船、韓国人搭乗客のストーリー 続きを本紙で読む 》