「宮古海峡通過」の中国ミサイル駆逐艦、日本での観艦式参加のため出航―中国メディア

2019年10月7日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

中国中央テレビ(CCTV)は7日、中国海軍の052D型ミサイル駆逐艦
「太原」
が浙江省舟山市の某軍港から出航した
「(日本の)招待に応じて、日本で行われる国際観艦式に参加するため」
としている。 

記事は、

「『太原』は、ヘリコプター1機と200人余りの兵士を載せて出港した。今回の観艦式は日本の海上自衛隊が主催するもので、10月中旬に相模湾海域で行われる。中国、米国、インドなど、7カ国の10余りの艦艇が参加する」
なお、今回の観艦式には招待されていない。 

記事は、

「太原」
が今年8月1日に宮古海峡を通過した6隻のうちの1隻であることも伝えている。(翻訳・編集/)
「宮古海峡通過」の中国ミサイル駆逐艦、日本での観艦式参加のため出航―中国メディア 続きを本紙で読む 》

NYタイムズスクエアへの「旭日旗」掲載が不許可に?「過度に政治的」

2019年10月7日 Recordチャイナ, ニュース ,

2019年10月4日、・国民日報は、米国のユーチューバーがタイムズスクエアに
「旭日旗反対」
広告を掲載しようとしたが許可されなかった 

米国のユーチューバー・Hi Chadさんは2日、

「旭日旗反対広告がタイムズスクエアで断られた?!ホワイトハウスに請願します!(韓国語)」
というタイトルの動画を掲載し、旭日旗の意味を知らせる内容の広告に旭日旗の画像を掲載できなかったことを伝えた。その理由については
「掲載直前になって、過度に論争的、政治的であるため広告に旭日旗を入れられないという通知を受けた」
とし、
「やむを得ず旭日旗の写真を削除して広告を掲載し、その後旭日旗を変形させた他の写真を追加した」
と説明した。 

ただ、Hi Chadさんは

「残酷な戦争犯罪を犯した日本帝国軍隊の象徴物を広告に載せられなかったのは残念だが、一方で旭日旗は広告に載せることすらできない象徴であることが証明された」
と主張したという。 

これを受け、韓国のネット上では

「韓国人じゃないのに、こんなに努力してくれて本当にありがとう(泣)」
「韓国人より韓国人みたい。尊敬します」
など称賛のメッセージが相次いでいる。また
「韓国人なのに何もしていない自分が恥ずかしくなる」
との声も。 

また旭日旗が掲載できないことについて

「旭日旗は戦犯旗。戦争の当事者である米国が
NYタイムズスクエアへの「旭日旗」掲載が不許可に?「過度に政治的
続きを本紙で読む 》

「親日が愛国」と発言した韓国文化体育観光部局長が罷免される

2019年10月7日 Recordチャイナ, ニュース , , , ,

2019年10月3日、・JTBCによると、今年8月にSNSに
「今は親日が愛国だ」
と書き込み物議を醸した韓国の文化体育観光部職員が罷免された。 

報道によると、文化体育観光部のハン局長は、勤務時間にフェイスブックに

「私自ら親日派と何度も公言した」
「今は親日が愛国だ」
「日本人に愛される象徴である旭日旗を戦犯旗だと侮辱するのはあり得ないこと」
などと頻繁に書き込みをし、
「公職者の品位を傷つけた」
として物議を醸していた。その後、人事革新処に懲戒が要請され、先月20日に罷免が決定し、今月1日に罷免になったという。 

ハン局長は当時、

「フェイスブックに書き込みしたのは私的な活動ではない。感情的で分別のない反日扇動はよくない」
と釈明しており、罷免決定後は
「反日扇動、原発廃棄は駄目だと言っただけ」
との立場を表明したという。 

これを受け、韓国のネット上では

「今後は親日をする公務員が現れたらすぐに対処しよう」
「親日が広範囲に紛れ込んでるから問題」
「安倍首相よりこういう親日派が嫌い」
「韓国にこういう人が多いことにびっくり」
などハン局長の行動に大ブーイングが起こっている。
「親日が愛国なら、日本に行って税金払って給料もらえば?」
「日本で公務員になったら?」
と提案する声も上がるほどだ。 

ただし、一部からは

「今の時代は親中と親北が売国奴」
「親北
「親日が愛国」と発言した韓国文化体育観光部局長が罷免される 続きを本紙で読む 》

米「良い議論できた」 「決裂」との北朝鮮主張に反論

2019年10月7日 ニュース, 朝鮮日報

【ワシントン聯合ニュース】米朝が約7カ月ぶりに再開した非核化を巡る実務協議について、北朝鮮が

「決裂した」
と発表したことに対し、米国務省のオルタガス報道官は声明で
「米国は創意的なアイデアを持ってきて、良い議論ができた」
と表明した。また、北朝鮮の発表は
「8時間半に及んだ議論の内容を反映していない」
と反論した。

 米国は2週間以内に実務協議を再開するというスウェーデン政府の提案に同意し、北朝鮮にも受け入れるよう提案したという。 スウェーデンのストックホルムで5日に行った米朝実務協議の終了後、北朝鮮首席代表の金明吉(キム・ミョンギル)外務省巡回大使は声明を発表し、協議が決裂したと表明した。金氏は

「米国はこれまで柔軟なアプローチと新しい方法、創造的な解決策を示唆して期待を高めたが手ぶらで現れ、われわれを大きく失望させ、交渉の意欲を下げた」
と非難した。

米「良い議論できた」 「決裂」との北朝鮮主張に反論 続きを本紙で読む 》

北朝鮮「米国が敵対視政策撤回するまで交渉応じない」

2019年10月7日 ニュース, 朝鮮日報

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮は6日、外務省報道官談話を発表し、米国が生存権と発展の権利を阻害する敵対視政策を撤回するための実際的な措置を取るまで、非核化を巡る交渉に応じないとの立場を表明した。朝鮮中央通信が報じた。

 談話は

「米国がわが国家の安全を脅かし、わが人民の生存権と発展の権利を阻害する対朝鮮(北朝鮮)敵対視政策を完全かつ後戻りできないよう撤回するための実際的な措置を取るまでは、今回のような不快な交渉を行う意欲がない」
と強調した。 
「われわれが問題解決の方法を米国に明白に提示しただけに、今後の朝米対話の運命は米国の態度にかかっている」
とした上で、その期限が年末までだと釘を刺した。 北朝鮮の安全を脅かし、生存権と発展の権利を阻害する措置の撤回を求めたのは、体制の安全保証と対北朝鮮制裁緩和を要求したものとみられる。 談話は、スウェーデンのストックホルムで5日に行われた北朝鮮の非核化を巡る米朝実務協議について、米国側が従来の立場にこだわったとした上で
「何の打算や担保もないまま連続的で集中的な交渉が必要だとの漠然とした主張を繰り返した」
と主張。米国が今回の交渉のために何も準備せず、国内政治の日程に米朝対話を利用するという政治的目的を追求しようとしたと非難した。 また
「われわれは今回の交渉を通じ、米国が朝米関係を改善しようという政治的意思を持っておらず、ひたすら党利
北朝鮮「米国が敵対視政策撤回するまで交渉応じない
続きを本紙で読む 》