【世宗聯合ニュース】韓国企画財政部は20日公表した経済動向報告書(グリーンブック)9月号で、最近の韓国経済を

「生産は増加傾向を維持しているが、輸出と投資の不振の流れが続いている」
と判断した。
「不振」
という表現を用いるのは4月号から6カ月連続で、2005年3月に同報告書の作成を開始して以来、最も長い。

 報告書は

「世界経済の成長の勢い鈍化と半導体の業況不振が続く中、日本政府の輸出規制措置と米中貿易摩擦も続いている」
と指摘。先ごろサウジアラビアで起きた石油関連施設への攻撃により地政学的なリスクも高まるなど、不確実性が増しているとの見解を示した。 ただ、
「不振」
の範囲は、4月号と5月号が
「鉱工業生産、設備投資、輸出など主要な実体経済指標」
だったのに対し、6月号から9月号までは
「輸出と投資」
に範囲が狭まった。 7月の主要経済指標をみると、鉱工業生産は製造業や電気・ガス業、鉱業などの好調を追い風に前月比2.6%増と、前月に比べプラス幅が大きく拡大した。サービス業生産も1.0%増加し、全産業の生産は1.2%増となった。 設備投資は2.1%増加した。小売販売は0.9%、建設投資は2.3%、それぞれ減少した。 8月の輸出は世界経済の成長鈍化と半導体の業況不振が響き、前年同月比13.6%減少した。9カ月連続のマイナス。 8月の消費関連の速報値をみると、韓国製乗用車の国内販売が前年