米国が韓国をIUU漁業国に予備指定、「違法国」の汚名に韓国ネットから不満の声

2019年9月21日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年9月20日、メディア・京郷新聞は
「米国が韓国をIUU (違法・無報告・無規制)漁業国に予備指定した」
とし、
「これにより韓国は国際社会からの批判を避けられなくなった」
 

記事によると、これについて韓国政府は

「指定されたからといってただちに米港湾への入港が拒否されたり、米国への水産物輸出が禁止されたりする被害が生じるわけではない」
と説明している。 

韓国がIUU漁業国に予備指定されたのは2013年以来2回目。今回の指定は韓国の遠洋漁船

「サザンオーシャン号」
「ホンジン701号」
が2017年12月に漁場閉鎖された南極水域で操業したことが発端となった。その後、韓国政府は米政府からの要請を受け、
「問題の船舶が2019~2020年の漁期に南極水域で操業できないよう排除措置を取る」
などの内容の改善措置計画を提出した。韓国政府は
「排除措置により約79億ウォン(約7億1000万円)相当の不利益が生じるとみられるが、これは問題の船舶が南極水域で得た不当利得の8倍を超える」
と説明した。ただ、米国は韓国が課徴金導入を盛り込んだ遠洋産業発展法の改正を終わらなければ改善措置の適正性を分析・評価できないため
「現時点では韓国を予備IUU漁業国に指定せざるを得ない」
という。また、米国は韓国の遠洋産業発展法が国会を通過すれば、次期報告書が提出される2021年よ
米国が韓国をIUU漁業国に予備指定、「違法国」の汚名に韓国ネットから不満の声 続きを本紙で読む 》

米国、韓国を予備違法漁業国に指定

2019年9月21日 ニュース, ハンギョレ

 19日(現地時間)、米政府が大韓民国を予備違法(IUU・Illegal Unreported Unregulated:違法・無報告・無規制)の漁業国に指定した。 米商務省傘下の海洋大気庁(NOAA)は、議会に提出する今年の

「国際漁業管理改善報告書」
に、韓国を
「予備違法漁業国」
に指定する内容が盛り込まれていると、同日ホームページを通じて明らかにした。韓国が予備違法漁業国に指定されたのは2013年以来2回目だ。 韓国の予備違法漁業国指定は、韓国の遠洋船舶の違法操業と不正利益の還収制度が整っていないためだ。2017年12月初めに韓国遠洋船舶2隻が南極水域漁場閉鎖通告(2017年12月1日)にもかかわらず、2~3日間にわたり操業し、南極の海洋生物資源の保存に関する委員会の保存措置を違反したのが原因だった。同委員会は南極海の生物資源保存などのため、1982年に設立された国際機関で、メロやオキアミ、ワカサギに関する総許容漁獲量を25カ国の加盟国に配分する役割を果たす。韓国は1985年に加盟した。 問題が浮上すると、韓国海洋水産部(海洋部)は直ちにこれらの船舶に対して漁具の回収や漁場の撤収を指示し、違法漁業容疑で海洋警察に捜査を依頼した。海洋警察はこれらの船舶のうち一隻の
「ホンジン710号」
について、漁場閉鎖の通告メールを受け取れなかったという理由で嫌疑なしで処分し、通告メールを閲覧した
米国、韓国を予備違法漁業国に指定 続きを本紙で読む 》

韓国政府、歴代最長の6カ月連続「景気不振」判断

2019年9月21日 ニュース, 韓国・中央日報

  韓国政府が6カ月連続で

「景気不振」
判断を下した。2005年3月に最近経済動向(グリーンブック)を出し始めて以降、最長期間となる
「不振」
判断を継続した。 

  企画財政部は20日に出したグリーンブック9月号で

「7月にも韓国経済は生産増加傾向を維持しているが、輸出および投資の不振の流れは持続している」
と診断した。先月のグリーンブックでも
「4-6月期の韓国経済は生産が緩やかに増加したが、輸出・投資不振の流れは持続している」
と評価したのと似ている。雇用と物価については
「就業者増加規模が大きく拡大するなど回復傾向を見せている」
とし
「物価も安定した流れが続いている」
と判断した。毎月発行するグリーンブックは韓国経済の流れに対する政府の公式的な認識を示している。 

  グリーンブックによると、最近の韓国経済は輸出・消費の不振が続いている。8月の輸出(暫定)は前年同月比14.6%減少した。中東と中国を対象にした半導体・コンピューター輸出がそれぞれ39.7%減、31.6%減となったのが主な理由だ。一般機械(-6.2%)、石油製品(-14.1%)、石油化学(-19.2%)などの品目も輸出が減少した。消費を意味する小売販売は前月比0.9%減で2カ月連続で減少した。ただ、鉱工業とサービス業の生産増加で7月の全産

韓国政府、歴代最長の6カ月連続「景気不振」判断 続きを本紙で読む 》