露骨に旭日旗擁護した日本五輪相「競技場への持ち込み問題ない」

2019年9月13日 ニュース, 韓国・中央日報

  日本の橋本聖子新任五輪相が、来年7月の東京五輪・パラリンピックの際に競技場内への

「旭日旗」
持ち込みに問題はないという立場を明らかにした。 

  橋本五輪相は12日の就任記者会見で、韓国が東京五輪競技場に

「旭日旗」
持ち込み禁止を求めていることについて
「旭日旗が政治的宣伝になるかということに関しては決してそういうものではないと認識している」
 

  11日の内閣改造で初入閣した橋本五輪相は1992年アルベールビル冬季五輪女子1500メートルスピードスケートで銅メダルを取るなど、五輪に計7回も出場したアスリート出身の政治家だ。 

  橋本五輪相の就任の第一声で五輪スタジアム内への旭日旗持ち込みを事実上許可したことにより、韓国政府や体育関連団体の強い反発が予想される。 

  韓国文化体育観光部は、最近国際五輪委員会(IOC)のトーマス・バッハ委員長宛てに朴良雨(パク・ヤンウ)長官名義の書簡を送り、旭日旗使用の不当性を説明し、使用禁止措置を求めた。 

  韓国政府は、旭日旗が19世紀末からアジア侵略戦争に使用された日本軍の旗で、現在も日本の極右団体が外国人差別やヘイトデモに使用されている

露骨に旭日旗擁護した日本五輪相「競技場への持ち込み問題ない
続きを本紙で読む 》

韓国人が「旭日旗デザイン」に抗議、ポーランドで「日本味」飲料が生産中止に

2019年9月13日 Recordチャイナ, ニュース ,

2019年9月13日、・世界日報によると、ポーランドで発売された旭日旗デザインの飲料が韓国人からの抗議により生産中止となった。 

記事によると、問題となったのはポーランドを代表する食品加工会社の1つである

「Hortex」
が今年上半期に発売した飲料製品。
「ブラジル味」
「ロサンゼルス味」
「マダガスカル味」
「日本味」
があり、
「日本味」
のパッケージには着物を着た女性と旭日旗が描かれていた。 

ポーランドに住む友人を通じてこの製品を知った韓国人のチョ・ジュンヒさんは今月5日、Facebookを通じて同社に抗議した。さらに、これを見たポーランド在住の韓国人チョン・ソンウンさんも自身が運営する情報共有サイトで人を集め、9日に集団で同社に抗議メールを送った。すると翌日の10日、チョンさんに同社から

「製品の生産中止を決めた」
との内容の回答があった。同社ウェブページの製品説明からも
「日本味」
が削除されたという。 

チョンさんは

「ポーランドは韓国と同じく戦争被害国なのですぐに理解してくれたのだと思う」
と話した。さらに
「周りのポーランド人たちは自国企業のミスを非常に恥ずかしがっていた」
とし、
「欧州で日本の戦争犯罪、アジアの歴史に対する教育がしっかりされていないことが原因。今回のことをきっかけに認識を向上させ、教育することで解決できる」
と指摘したという。 
韓国人が「旭日旗デザイン」に抗議、ポーランドで「日本味」飲料が生産中止に 続きを本紙で読む 》

日本旅行取りやめた韓国人の43.8% 行き先を国内に変更 

2019年9月13日 ニュース, 朝鮮日報

【ソウル聯合ニュース】政府系シンクタンクの韓国文化観光研究院が、日本が対韓輸出規制を強化して以降の日本旅行に関するアンケート調査を実施し、結果を11日に公表した。 それによると、日本旅行の計画があった人の69.3%が日本旅行をキャンセルしたり、行き先を変更したりした。キャンセルの理由については、回答者の93.2%が

「最近の韓日関係悪化」
を挙げた。 日本旅行をキャンセルまたは変更したとした回答者のうち、旅行先を韓国国内に切り替えた割合は43.8%、海外に変更した割合は39.2%だった。日本に代わる旅行先としては、韓国国内では済州島や江原道、釜山が、海外ではベトナムや台湾、香港が挙がった。 調査は8月23日から9月2日にかけ1326人を対象にオンラインで実施された。日本旅行の計画があったとした回答者は534人だった。 文化観光研究院の関係者は、韓国国民は主にアクセスの良さや魅力、価格競争力、さまざまな観光コンテンツを理由に日本を旅行先として選んでいると説明し、国内観光の魅力を高めるための政策が必要だと助言した。

日本旅行取りやめた韓国人の43.8% 行き先を国内に変更  続きを本紙で読む 》

日本とのGSOMIA破棄も影響?韓国軍の「情報収集力」がまた問題に

2019年9月13日 Recordチャイナ, ニュース ,

2019年9月12日、軍の
「情報収集力」
に不安の声が上がっている。 

韓国・朝鮮日報によると、韓国軍は10日、

「が安南道・ケチョン一帯から東側に向けて短距離飛翔体を2回発射した」
と発表した。しかし北朝鮮が11日に公開した写真を見ると、移動式発射台車両(TEL)に搭載された4本の発射管のうち3本の蓋(ふた)が開いていた。発射前の写真では4本とも蓋が閉まっていたという。これについて、記事は
「写真が正しければ、韓国の情報当局が放射砲1発の軌跡を把握できずに間違った発表をしたことになる」
と指摘している。 

軍内外では

「韓国軍の情報収集力にまたも問題が生じたのではないか」
との声が上がっているという。韓国国防安保フォーラムのシン・ジョンウ事務局長は
𰃁発は軍の探知レーダーからすぐに消えて正確な判断ができなかったため、2発発射されたと発表したのではないか」
と話した。情報当局は今年数回にわたり、北朝鮮の挑発行為について発表する際にミサイルの発射数や射程距離を間違えて発表し批判を浴びていた。 

軍関係者は

「今のところ北朝鮮は2発発射したというのが米韓情報当局の判断。今後さらなる分析が必要だ」
と話したというが、一部からは
「韓国が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定した後、米韓当局の情報交流に問題が生じているのではないか」
との指摘も出て
日本とのGSOMIA破棄も影響?韓国軍の「情報収集力」がまた問題に 続きを本紙で読む 》

竹島に韓国軍を常駐させる?韓国議員の主張、ネットで賛否の声「日本の思うつぼ」

2019年9月13日 Recordチャイナ, ニュース

2019年9月12日、・聯合ニュースTVによると、日本と韓国が領有権を争うをめぐり、韓国の政界では最近
「軍隊を常駐させて守るべきだ」
との意見が持ち上がっている。 

記事によると、韓国は現在、竹島に

「独島(竹島の韓国名)警備隊」
と呼ばれる警察部隊を常駐させている。現在の大統領令第28号では
「大韓民国の全ての島嶼地域が海軍管轄」
とされているが、ただし書で
「鬱陵島は警察管轄」
となっている。竹島は韓国で鬱陵島に属する島嶼とされているため軍ではなく警察が常駐しているという。 

しかし、日本の議員が最近、竹島問題について

「戦争で取り返すしかないのでは?」
と主張したことや、河野太郎防衛相が
「竹島は日本領」
と発言したことなどを受け、韓国の政界からは
「独島に軍を常駐させるべき」
との意見が持ち上がっている。イ・ヨンジュ議員は
「韓国政府が訓令を変えて軍を常駐させ、対外的に韓国の領土であることをアピールしなければならない」
と主張しているという。 

これについて、韓国のネットユーザーからは

「賛成。独島は韓国のもの。海兵隊に変えよう」
「速やかに大統領令を書き換えてほしい」
「日本に狙われているのだから軍が守るのは当然だと思う」
「いっそ海軍基地を作ればいい」
など賛同する声が上がっている。 

一方で

「それじゃあ独島を紛争地にしたい日本の思うつぼ」
「独
竹島に韓国軍を常駐させる?韓国議員の主張、ネットで賛否の声「日本の思うつぼ
続きを本紙で読む 》