「韓国、米国の同盟から離脱の可能性…中国が機会うかがう」

2019年9月6日 ニュース, 韓国・中央日報

  

「韓国は日本とは非常に異なる歴史を持ち、非常に異なる地政学的状況にある。こうした要因から中国は韓国が米国との同盟から離脱する可能性がはるかに大きいと見ている」
。 

  米シンクタンク米戦略国際問題研究所(CSIS)のマイケル・グリーン上級副所長は4日(現地時間)、米議会傘下の米中経済安保検討委員会が主催した

「2019年米中関係検討公聴会」
に出席し、このように述べた。 

  韓国は日本など他のアジアの国に比べて米国から脱同盟する可能性がある環境にあり、これを知る中国が機会を眺めているという主張をしたと、米政府系放送のボイス・オブ・アメリカ(VOA)が5日報じた。 

  この公聴会は米中関係を研究する専門家らが議会に専門的な助言をする席で、米国が経済・安保分野でどのように中国に対して優位を維持するかに焦点が合わされた。 

  グリーン副所長は議会に提出した陳述書で

「中国の習近平国家主席が執権した後、中国は韓国が米国との同盟から離脱するよう強圧的に接した」
と診断した。2017年の高高度防衛ミサイル体系(THAAD)事態当時の韓国企業への圧力および中国人観光客の訪韓禁止政策を例に挙げた。 

  

「韓国、米国の同盟から離脱の可能性…中国が機会うかがう
続きを本紙で読む 》

韓国、トランプ大統領からの圧力受けWTO途上国地位を放棄へ―中国メディア

2019年9月6日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

中国メディア・看看新聞は5日、
「政権からの圧力を鑑み、は世界貿易機関(WTO)における開発途上国の地位を放棄する方針だ」
 

WTOで韓国は途上国として関税や補助金の面で特別扱いを受けてきた。しかし、トランプ米大統領は7月、自身のTwitter(ツイッター)で、

「自らを発展途上国と称して特別扱いを受けている一部の裕福な国々によってWTOは破壊されている」
と発言。米通商代表部(USTR)に対し、10月23日までに対処するよう求めたことを明らかにした。 

記事によると、韓国の産業通商資源部高官は4日、記者会見で

「開発途上国の地位放棄に方針を決めて推進しており、関係部署と協議中」
と発表。
「韓国が途上国の地位を失っても、目下自由貿易協定を結んでいるパートナーとの関係に影響は出ない」
と指摘した。また、ある官僚は
「途上国の地位を放棄しても、WTOにおける韓国の権益はこれまでと変わらない」
と述べているという。(翻訳・編集/岩谷)

韓国、トランプ大統領からの圧力受けWTO途上国地位を放棄へ―中国メディア 続きを本紙で読む 》

世界経済が「トリプルマイナス」の沼に

2019年9月6日 ニュース, 韓国・中央日報

  世界各国の経済指標に

「マイナス」
の符号が増え始めた。それも金利、経済成長率、物価の3大核心指標で明確に表れている。いわゆる
「トリプルマイナス」
だ。主要国が通貨緩和などを通じた景気浮揚に失敗したり、世界経済を冷え込ませる米中貿易戦争が解消されない場合、R(recession、景気低迷)とD(deflation、持続的物価下落)よりも大きな衝撃が近づくという懸念が強まっている。 

  最近M(マイナス)の恐怖を深めたのはドイツだ。欧州第一の経済大国ドイツの今年4-6月期の経済成長率が-0.1%(前期比)となった。米中貿易戦争が飛び火したのだ。ドイツは7-9月期にもマイナス成長する可能性があると予想されている。英国(-0.2%)もマイナスに合流した。ブレグジット(英国の欧州連合離脱)懸念が経済に影響を及ぼしている。アジアで貿易比率が大きくデモで混乱している香港が4-6月期、-0.4%の実質国内総生産(GDP)増加率となった。 

  実物経済が悪化し、金利は一斉に下落した。フランス10年国債は6月末に初めてマイナスに転じた。最近は年率-0.372%まで下落している。スイスの10年国債は年率-0.971%と、-1%を目前にしている。グリーンスパン元連邦準備制度理事会(FRB)議長は

「相対的に事情
世界経済が「トリプルマイナス」の沼に 続きを本紙で読む 》

補強されたサムスンのフォーダブルフォン、ゲーム時の大画面に感嘆…ヒンジ部分にはまだ折りジワ

2019年9月6日 ニュース, 韓国・中央日報

  #2つ折りになっていたディスプレーを広げると

「カチッ」
という音がしてスクリーンが7.3インチまで広くなる。ヒンジ部分はそれなりに丈夫そうだ。ゲームはディスプレイが折りたたまれた画面でも、広げた画面でも楽しむことができる。YouTube(ユーチューブ)やNAVER(ネイバー)を起動させながらノート筆記まで広げられた画面では画面分割を通じて3つのアプリケーションを同時に使用することが可能だ。ただし、折りたたまれたヒンジ部分に折りジワが今も相当数映るのは仕方なかった。 

  韓国取材陣に5日、初公開された折りたたみ式スマートフォン

「Galaxy Fold(ギャラクシー・フォールド)」
を触ってみた感想だ。翌日6日(現地時間)に、ドイツ・ベルリンで開幕する
「国際コンシューマ・エレクトロニクス展(IFA2019)」
を控えて用意されたイベントだった。 

  ギャラクシー・フォールドは4月に米国でレビュー記事が相次いで出たことから形や機能はあらかじめ公開されていた。この日のイベントでは、5カ月前に発売を延期した当時、製品の欠陥が指摘された部分を重点的に調べた。サムスン電子は製品欠陥を認めた直後から5カ月近く修正作業に専念してきた。 

  2月に試作品が初めて公開された

補強されたサムスンのフォーダブルフォン、ゲーム時の大画面に感嘆…ヒンジ部分にはまだ折りジワ 続きを本紙で読む 》

文大統領が「妙な時期」にラオス訪問、その意図は?

2019年9月6日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年9月5日、・デイリーアンは(ムン・ジェイン)大統領の外遊について、
「文大統領が妙な時期にラオス訪問…戦略的なメッセージは?」
との見出しで報じた。 

記事によると、北東アジア情勢をめぐる緊張が高まる中、文大統領は、タイ、ミャンマー、ラオスを歴訪し、国家間の協力を強化する考えを明らかにした。 

韓国政府は昨年、東南アジア諸国連合(ASEAN)との関係を朝鮮半島周辺の4大国(日・米・中・露)レベルに引き上げ、外交・通商依存度や米中紛争によるリスクを分散させるという

「新南方政策」
推進の意志を示していた。 

特に、ASEAN諸国は外交や安全保障面で米国に依存する一方、経済は中国に依存するなど、双方からの圧迫を受けているという点で

「韓国と似ている」
と。 

しかし、日本の輸出規制とそれに伴う軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了決定により、日米韓の協力の瓦解が加速する中、中国の核心パートナーであるミャンマー、ラオスへの訪問は、米国に

「誤った信号」
を与えるという憂慮も出ており、日米韓の協力を離脱して北中露全体主義のブロックに傾くシグナルとも受け取れるという懸念も相次いでいるという。 

これを受け、韓国のネット上では

「そんなに親中反米してると破綻するよ」
「世界情勢が分かってない」
などの非難が相次ぎ、中には
文大統領が「妙な時期」にラオス訪問、その意図は? 続きを本紙で読む 》

韓流f(x)が事実上の解散か、華人メンバー・ビクトリアが事務所と契約満期、今後はソロ活動へ

2019年9月6日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年9月5日、のガールズグループf(x)の華人メンバー、ビクトリア(ソン・チエン/宋茜)が、所属するSMエンターテインメントとの専属契約終了を報告。今後はすでに設立している中国の個人事務所で、ソロ活動を行っていくことを明らかにした。 

【】

今年でデビュー10周年を迎えた多国籍の人気グループf(x)から今月1日、華人メンバーのアンバー(劉逸雲)が事務所との契約満了と、再契約しないことを発表。これに続いて5日、ビクトリアが中国版ツイッターに長文を投稿し、同じく契約満了を報告。

「これが終わりで始まり」
として、今後はSMエンターテインメントと新たな形で提携することを明かした。 

ビクトリアの個人事務所は同日、この投稿をシェアする形で再報告し、今後は中国でソロ活動を進めることを明らかに。なおSMエンターテインメント側でも同日、

「ビクトリアとは新たな形のコラボレーションを協議中」
と公式に発表している。 

f(x)は15年にミニアルバム

𰃄 Walls」
をリリース後、グループでの活動はほとんどなく、新曲も発表していない。この間、ビクトリアは中国を拠点に歌手および女優として急成長。主演ドラマ
「千年のシンデレラ」
などヒット作も生み出している。 

今年の10周年で本格的なカムバックが期待されていたf(x)だが、アン

韓流f(x)が事実上の解散か、華人メンバー・ビクトリアが事務所と契約満期、今後はソロ活動へ 続きを本紙で読む 》

日本が攻撃して韓国が受け返した…韓日、GSOMIAで公開衝突

2019年9月6日 ニュース, 韓国・中央日報

  5日に開かれたソウル安保対話(SDD)で韓日が公開的に衝突した。日本の

「ホワイト国(安保友好国)」
排除措置とこれに伴う韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了の決定をめぐってだ。 

  攻撃は日本側から始まった。元防衛大臣の森本敏・拓殖大学総長は、最初の本会議冒頭発言で

「北朝鮮がまだミサイルを発射している状況でこのような決定が下されたというのは遺憾かつ残念だ」
とし
「韓国がGSOMIAを延長しないことにした決定は、日本の経済関連措置、貿易関連措置のためだと解釈されるが、GSOMIA延長問題と韓日間の交易問題は別問題」
と主張した。また
「GSOMIAによって、当時、日本と韓国の両者関係が改善されただけでなく、日本・米国・韓国の3者間での情報共有がスムーズだった」
とし
「米国と韓国、日本の三角関係において深刻な変化が起きるものと予想する」
と話した。続いて
「未来から今の状況を振り返ったとき、韓米同盟にも地域安保にも深刻な転換点だったと評価することができるだろう」
と警告程度を高めた。 

  該当の発言はこの場に出席した朴宰民(パク・ジェミン)国防次官が見守っているところから出てきた。本会議パネリストとして出席していた朴氏はマイクを受け取るなり、森本氏の発言に反論した。朴氏は

「韓国政府の立場を説明
日本が攻撃して韓国が受け返した…韓日、GSOMIAで公開衝突 続きを本紙で読む 》

米国がTHAADの迎撃試験、韓国が慌てて「火消し」―中国メディア

2019年9月6日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2019年9月4日、環球網は、米国が2年ぶりに(高高度防衛)ミサイルの試験を行ったことに対し、メディアが
「火消し」
に躍起になっている 

米国が8月30日に2年ぶりとなるTHAADミサイルの迎撃試験を行ったと紹介。によるミサイルの脅威から韓国を守るためだ」

と続々と
「火消し」
をしたと伝えている。 

そして、韓国・朝鮮日報が韓国軍関係者の話として、今回の米軍のTHAAD試験は韓国の星州郡に配備したTHAADシステムの迎撃能力を北朝鮮に間接的に見せ、過度な挑発をしないよう警告するためだと伝えたことを紹介した。 

また、別の韓国軍関係者が

「北朝鮮は近ごろの非核化交渉で成果が得られなかった責任は米国にあると考えている。米国は北朝鮮がさらなる軍事挑発をするだろうとみており、相手に先んじるべくTHAAD試験を実施した」
と語ったことも伝えた。(翻訳・編集/)
米国がTHAADの迎撃試験、韓国が慌てて「火消し」―中国メディア 続きを本紙で読む 》

韓国公企業の赤字が25倍に!メディアは「文政権の政策も一因」と指摘

2019年9月6日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年9月4日、・文化日報は
「政府政策の影響で公企業(金融除く)は赤字規模が前年比25倍に達するなど、収益性が大きく悪化している」
 

韓国銀行が発表した資料によると、韓国電力公社など公企業の昨年の総収入は173兆3000億ウォン(約15億円)で、前年比1兆ウォン減少した。総支出は前年比8兆5000億ウォン増加の183兆3000億ウォンだった。収支は10兆ウォンの赤字で、前年の4000億ウォンに比べると赤字規模が大幅に拡大している。 

これについて記事は

「国際原資材価格の引き上げなどのウォン高要因もある」
としながらも、
「脱原発、非正規雇用ゼロなど、(ムン・ジェイン)政権の政策に合わせていく過程が経営不振の一因になった」
と分析している。韓国銀行関係者は
「政府の脱原発政策がどの程度影響したかは分からない」
とコメントしているが、
「原油高、LNG(液化天然ガス)導入価格の上昇などでエネルギー公企業の赤字が多く、全体の収支悪化につながった」
と説明している。 

この記事に、韓国のネットユーザーからは

「政策が誤っていることを文大統領だけが知らない」
「弾劾が答えだ」
「文大統領が退任したら資産を全て回収しよう」
「この国の主敵は、文在寅支持勢力だ」
�倍!まったく笑えないよ。選んだ人たちの問題だ。もし文大統領が弾劾されても、愚かな国民が
韓国公企業の赤字が25倍に!メディアは「文政権の政策も一因」と指摘 続きを本紙で読む 》