中国の習主席が5年ぶりに訪韓か、韓国ネットは反発「来る理由は明らか」

2019年6月6日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年6月6日、・中央日報は、中国の(シー・ジンピン)国家主席が訪韓する方針を固めた 

記事によると、ある外交消息筋は

「習主席が今月28~29日に大阪で開かれるG20サミットの前に韓国を訪問する」
とし、
「習主席は米中貿易戦争の激化などさまざまな外交問題を抱えているが、中国の周辺国外交において核心的な役割を担う韓国への訪問をこれ以上後回しにできないと判断した」
と説明した。習主席の訪韓が実現すれば、(パク・クネ)政権だった2014年7月以降、約5年ぶりとなる。 

習主席の訪韓をめぐっては、先月末に駐韓中国大使館が習主席のために予約していたソウルのホテルをキャンセルしたことで事実上

「白紙化した」
とみられていた。今回、中国当局が立場を変えた最大の理由について、記事は
「米中貿易戦争の激化を受け、中国は味方を確保するための周辺国外交を大々的に強化しており、その中でも韓国が占める地位が他の国より高いため」
と説明している。 

また北京の外交関係者の間では

「習主席はを訪問した後に韓国に向かう」
との予想も出ているという。 

これに関し、韓国政府当局者は

「中韓の首脳が会って朝鮮半島問題を議論する必要性はある」
としつつも
「首脳会談は最終確定をした後に両国の合意のもと共同発表するのが外交の原則だ」
と話したという。 

中国の習主席が5年ぶりに訪韓か、韓国ネットは反発「来る理由は明らか
続きを本紙で読む 》

【社説】経常収支赤字、韓国政府の経済認識と政策改編の転機にすべき

2019年6月6日 ニュース, 韓国・中央日報

  7年連続黒字だった韓国の経常収支が赤字に転じた。欧州国家が財政危機真っ最中だった2012年4月以降、84カ月ぶりのことだ。韓国銀行によると、貿易とサービス、所得収支を合算した4月の経常収支が6億6000万ドル(約714億円)の赤字を記録した。貿易収支は黒字を記録したが、外国人配当で流出した金額を埋めるには力不足だった。

「4月の経常収支が小幅で赤字を出す可能性がある」
という韓国政府の予測はおおげさな態度ではなかった。 

  経常収支は韓国に格別な意味がある。基軸通貨国ではない、小規模開放経済であるためだ。経済が黒字を出してドルが入ってきてこそ経済が活性化する。1997年通貨危機の経験を通じて、我々はすでに骨身にしみて痛感したことだ。そのため韓国はその後輸出を増やし続け、経常収支黒字を維持して外貨準備高を拡充して対外信任度を管理する政策を展開した。経常収支が経済政策の基本であり、当為だったといえる。 

  ところが今回、赤字が出た。政府は

「外国人の配当支給が株主総会後の4月に集中したため」
としながら
「5月からはまた黒字に戻るだろう」
と言う。もちろん一部は間違っていない言葉だ。外国人配当金として支払われた額は49億9000万ドルで、これは貿易黒字(56億7000万ドル)の大部分を取り崩す格好
【社説】経常収支赤字、韓国政府の経済認識と政策改編の転機にすべき 続きを本紙で読む 》

食糧は必要だが…北朝鮮「300トン未満なら受けるな」

2019年6月6日 ニュース, 韓国・中央日報

  国際社会に食糧支援を訴えている北朝鮮が、大規模な支援でなければ受け取るなという指示を出しているという。 

  ラジオ・フリー・アジア(RFA)は5日、咸鏡北道(ハムギョンブクド)の情報筋を引用し、

「先月下旬、中央が各道・市・郡人民委員会傘下の『海外同胞迎接局』に海外民間団体の支援規則というものを伝えた」
とし
「国際民間団体が食糧支援を提案してくる場合、300トン以上でなければ支援を受けてはいけないということだ」
と説明した。 

  こうした党中央の指針に住民はもちろん地方の幹部も当惑しているという。情報筋は

「該当機関の幹部は、わずかな食糧でも惜しい時にただでくれるというのに理解できないという反応を見せている」
 

  続いて

「過去に外国の民間団体から食糧支援を受ける時は100トンでも200トンでも直ちに受け取った」
とし
「韓国が支援する食糧についても『コメに思想はない。無料で食糧を受けるのは我々の戦略的勝利』と住民に宣伝したことがある」
と振り返った。 

  情報筋は

「これまで外国の民間団体が支援する食糧はたいてい価格が安いトウモロコシ・豆・小麦粉だった」
とし
「現在の価格に換算してもトウモロコシ300トンなら10万ドル
食糧は必要だが…北朝鮮「300トン未満なら受けるな
続きを本紙で読む 》

サムスンLCD元労働者で脳腫瘍にかかったハン・ヘギョン氏、ついに労災認定

2019年6月6日 ニュース, ハンギョレ , ,

 サムスン電子LCD工場で働いて脳腫瘍にかかった事実について最初に声を上げ、15年間闘ってきたハン・ヘギョンさんが、8回の挑戦の末に労働災害の認定を受けた。 

「半導体労働者の健康と人権守り」
(パンオルリム)は5日、サムスン電子LCD事業部の工場で6年間生産職労働者として働いた後、脳腫瘍の判定を受け闘病してきたハン・ヘギョンさん(41)が申請した療養給与の申請が、先月30日、ソウル業務上疾病判定委員会で承認されたと明らかにした。委員会は判定書で、ハンさんが現在はサムスンディスプレー(株)に変わったLCD工場で、17歳の若い年齢でオペレーターとして勤務し、鉛・錫・フラックス・イソプロピルアルコールなどの有害要因に露出された事実などを挙げ、
「最近の脳腫瘍の判例および判定委員会で承認された類似疾病の事例を考慮すると、業務の関連性を排除できない」
と明らかにした。委員会は1990年代の事業所安全管理基準と安全認識が現在より劣り、保護装備を着用していなかったり、安全対策が不十分だったものと判断される点、2002年以前の事業場に対する調査が十分でない点なども労災承認要因と判断した。 ハンさんは1995年11月から5年9カ月間、サムスン電子LCD事業部(現在はサムスンディスプレー株式会社)のモジュール課で、鉛と有機溶剤などに露出した状態で生産職として働いた。在職中にも生理が止まるなどの症状で苦
サムスンLCD元労働者で脳腫瘍にかかったハン・ヘギョン氏、ついに労災認定 続きを本紙で読む 》

日本、韓日局長級協議で「徴用賠償問題を仲裁委に付託」再び要求

2019年6月6日 ニュース, ハンギョレ , ,

 日本政府が、韓日局長級協議で強制徴用被害問題を仲裁委員会に付託することを韓国政府に再び求めた。食中毒を防ぐための措置」

と述べたと、NHKが報じた。

日本、韓日局長級協議で「徴用賠償問題を仲裁委に付託」再び要求 続きを本紙で読む 》

グループの金庫番まで拘束…崩れ落ちるサムスンの“盾の壁”

2019年6月6日 ニュース, ハンギョレ , , ,

検察、グループレベルの

「サムスンバイオ」
会計詐欺に照準合わせる サムスン、拘束を阻止しようと奔走したが 裁判所
「容疑が解明されたうえ、事案が重大」
 サムスン電子財経チーム副社長に令状発行  未戦室出身のトップ一家の
「金庫番」
 粉飾会計の証拠隠蔽のための会議を主導 会計秘密組織の株式買い入れたTFの中核人物  証拠隠蔽に集中した検察捜査 グループの会計詐欺の疑いに焦点当てる チョン・ヒョノ、イ・ジェヨンに向けて一歩踏み込む
 検察捜査がサムスン電子のイ・ジェヨン副会長周辺を取り囲む幾重もの“盾”を切り崩している。5日未明にはイ・ゴンヒ会長時代からグループの財務を任されてきたサムスン電子財経チームのL副社長が拘束された。サムスンバイオロジックス(サムスンバイオ)会計詐欺に対する捜査で、拘束されたサムスン電子の副社長は3人に増えた。 サムスン内部ではいつにも増してL副社長の拘束に神経を尖らせているという。今年3月から本格化した検察の捜査が、この事件の“核心”に近づいたことを示すものと見られる。 ソウル中央地裁のミョン・ジェグォン令状担当部長判事は同日未明、
「犯罪の疑い
グループの金庫番まで拘束…崩れ落ちるサムスンの“盾の壁” 続きを本紙で読む 》

自殺未遂の元KARAク・ハラが「日本行き」を選択した理由=韓国ネットから温かいメッセージ

2019年6月6日 Recordチャイナ, ニュース

2019年6月5日、・イーデイリーなどは、KARAの元メンバーであるク·ハラが、退院後に日本に出国したことについて、その理由などを伝えた。 

ハラは先月26日に自殺を図り、自宅で倒れているところをマネージャーに発見され、病院に搬送されていた。複数の芸能界関係者らによると、退院したク・ハラは、安静と休息のために日本行きを選択した。その理由は、現在韓国には所属事務所がなく、日本の所属事務所だけがある状態のため。また、ソウルの自宅が一般に公開されたことによる負担も理由の1つとみられているという。 

ハラは入院中だった先月28日、日本の所属会社を通じて

「ご心配をお掛けし、また騒ぎを起こして申し訳ない。健康状態は回復中」
とし、
「さまざまなことが重なって心が苦しかった。これからは心を強くし、また健康な姿をお見せできるよう努力する」
と述べていた。 

これを受け、韓国ネット上では

「命は大切。疲れていたのならしっかり休んで戻ってきてね!」
「これ以上韓国で傷つかないで、日本で幸せに暮らしてほしい」
「ハラの大変さは誰にも分からない。誰にも気づかれないところで心も体もゆっくり休めてきてね」
「本人の気持ちと回復が優先だから、韓国より(日本の方が)いいと思う。早く良くなって、また明るい顔を見せてほしい」
など、ハラを気遣う温かいメッセージが続々と寄せられている
自殺未遂の元KARAク・ハラが「日本行き」を選択した理由=韓国ネットから温かいメッセージ 続きを本紙で読む 》

米38ノース「北朝鮮寧辺ウラン濃縮工場で活動」

2019年6月6日 ニュース, 韓国・中央日報

  米国の北朝鮮専門ニュースサイト

「38ノース」
が5日(現地時間)、北朝鮮寧辺(ヨンビョン)核施設団地のウラン濃縮工場(UEP)で活動が見られる 

  38ノースは商業用衛星写真に登場した白いトレーラーの動きに注目した。このトレーラーは2月16日に初めて登場し、3月27日午前から見えなくなった。トレーラーの近くにあったトラックも翌日に消え、長さ20フィート(約6メートル)の円筒またはは船籍み用コンテナだけが衛星写真で確認された。その後、5月9日にまたトレーラーが同じ場所に登場し、約10人がここにいた。しかしトレーラーは先月28日からまた衛星写真に現れていないと、38ノースは伝えた。 

  38ノースは

「衛星写真では正確に確認できないが、トレーラーと円筒または船積み用コンテナの外形が液化窒素を運ぶ時に使用するトレーラーのように見える」
とし
「液化窒素はウラン濃縮過程で冷却装置を稼働するのに必要」
と説明した。続いて
「車両に液化窒素が入ったものなら、貯蔵タンクを満たすために周期的に車が現れた可能性が高い」
とし
「この団地に定期的に液体窒素と推定される物質が運送されるというのは、この施設が運営されていることを意味する」
 

  しかし38ノースは

「実
米38ノース「北朝鮮寧辺ウラン濃縮工場で活動
続きを本紙で読む 》

サムソンフォン、最後の中国工場も減員へ

2019年6月6日 ニュース, 韓国・中央日報

  サムスン電子が中国に最後に残したスマートフォン生産ラインで生産職の構造調整に入った。現地で市場占有率が大きく反騰しにくい状況で下した苦肉の策だという。 

  中国経済メディア

「財新」
は5日(現地時間)、サムスン電子中国法人が広東省恵州にあるスマートフォン工場で希望退職を実施している会社を辞めるという意思を明らかにした職員に補償金を支給する形で今月14日まで希望退職申込書を受け付けることにした。減員規模はまだ伝えられていない。 

  サムスン電子も恵州工場の構造調整に関連し、

「経営効率化次元で、中国現地スマートフォン市場の成長鈍化にともなう措置」
と認めた。中国内の人件費上昇、サムスン電子の中国スマートフォン市場競争力弱化などを考慮した決定とみられる。わずか2年前の2017年には恵州工場では勤労者約6000人が年間約6300万台のスマートフォンを生産していた。 

  販売量が減る中で、サムスン電子はすでに昨年から中国内の生産ライン縮小に入った。昨年4月には深セン工場を閉鎖し、同年12月には天津スマートフォン生産法人(TSTC)まで稼働を中断した。現地では、減員が始まった以上、サムスンが恵州生産ラインも撤収する可能性があるという展望も出ている。 <

サムソンフォン、最後の中国工場も減員へ 続きを本紙で読む 》

「サムスンのロビー力がこれほどとは…」公正取引委員長の供述に韓国ネットも驚き「財閥構造の正常化を!」

2019年6月6日 Recordチャイナ, ニュース ,

で(パク・クネ)前大統領とその親友、崔順実(チェ・スンシル)氏による、いわゆる
「国政介入事件」
の捜査が行われていた2017年2月。グループの事実上のトップ、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長の贈賄などの疑惑と関連し、
「サムスンの狙撃手」
と言われる金商祚(キム・サンジョ)公正取引委員会委員長が、捜査を担当する特別検察官チームに参考人として呼ばれ、供述をした。韓国メディア・時事ジャーナルは今月4日、その供述を内容を
「独自に入手した」
として、詳しく伝えている。 

記事によると、金委員長は当時サムスングループの経営を統括していた

「未来戦略室」
(現在は解体)について、
「過去になら通用した旧態依然の組織」
「ロビー活動やカネの力で望むことを達成する、裏に隠れた組織」
などと評したという。また、李健煕(イ・ゴンヒ)会長から李副会長への経営権継承は、未来戦略室により
「どんぶり勘定的」
に行われたと指摘。その理由の1つとして
「李健煕会長が持つ、息子である李在鎔副会長の経営能力に対する不信感」
を挙げ、
「李在鎔副会長が熱心に進めた事業が失敗したことで、李健煕会長は李在鎔副会長を信頼しなくなり、当時は事実上サムスングループ経営権の継承は実現されていなかった」
と説明したという。 

また、サムスン物産と第一毛織の合併当時、李在鎔副会長は

「自分の経営権継承問題とは全く関係な
「サムスンのロビー力がこれほどとは…」公正取引委員長の供述に韓国ネットも驚き「財閥構造の正常化を!
続きを本紙で読む 》

【社説】韓国経済最後のとりで、揺らぐ経常収支黒字

2019年6月6日 ニュース, 朝鮮日報 , ,

 韓国の5月の輸出が前年同月比で9.4%減少した。4月(2.0%減)よりも減少幅が拡大した。輸出品目でトップの半導体の輸出が31%も減少し、対中輸出も20%の落ち込みだった。5月の貿易収支は22億7000万ドルの黒字だったが、前年同期を64%も下回った。輸出がマイナスに転じたのは6カ月前からで、不吉な兆候だ。韓国政府は商品、サービス、所得の各収支を総合した経常収支は83カ月連続の黒字が4月でストップする可能性があるとの見方を示している。4月の経常収支が外国人への配当支払いで小幅の赤字になるとの予想だ。 外国人への配当は毎年4月に海外に流出するドル建て資金だ。経常収支が7年ぶりに赤字となれば、主因は輸出減少なのだが、それを認めたくないために他の理由を付けた格好だ。5月の貿易収支黒字が4月(40億ドル)の約半分に減少した点からみて、経常収支の赤字が5月も続く可能性がある。輸出全体の21%を占める半導体の価格(8ギガビットDRAM)が最近4ドルを割り込んだ。市場は半導体価格の回復時期が来年4-6月にずれ込むとの見方が出ている。 輸出は韓国経済を支える柱だ。韓国政府は2005年以来13年ぶりに昨年の民間消費の伸び(2.8%増)が経済成長率(2.7%)を上回ったと自慢しているが、輸出は昨年の経済成長率に半分程度寄与した。今年の成長率予測値(2.5%、韓国銀行)のうち内需と輸出の寄与度は

【社説】韓国経済最後のとりで、揺らぐ経常収支黒字 続きを本紙で読む 》

サムスン電子、「世界初の5Gフォン」のタイトル欲しさに旧規格の通信チップを使用

2019年6月6日 ニュース, ハンギョレ ,

 サムスン電子が

「世界初5世代(5G)スマートフォン」
のため、旧規格の通信チップを使用し、発売から1カ月後にアップデートを行ったことが確認された。たまに途切れることもある。5Gが普遍化された場合は消費者たちもあまり不便を感じないレベルだが、サービス初期には十分に違いを感じ取れる。結局、今年4月に
「ギャラクシーS10 5G」
を購入したユーザーは、140万ウォン(約13万円)にのぼる金額を出して、古い規格のチップを使ってきたわけだ。 サムスン電子は
「発売から1カ月後に新しい規格に替えた」
と強調したが、今年2月にも新規格を採用することができた。通信装備会社は12月規格の発表直後、これを分析し、自分たちが適用する項目を選んで、2月に発表した。通信装備と通信モデムチップを作るサムスン電子も、選択の岐路に立たされたが、3月28日に予定された発売日に合わせるため、最新規格の採用を諦めた。一方、クアルコムは、新規格を基盤に5Gチップをアップデートすることにした。 5Gサービスの初期不良は通信網の不安定さに大きく起因するが、
「世界初」
のタイトル欲しさに旧型企画を採用したサムスン電子の勇み足も、不完全な販売にもたらす原因となった。韓国公益通信協同組合のハン・ヒョンベ理事長は
「旧型規格を適用し、すでに一度アップデートが予定されているスマートフォンを試験用でもなく高価な商品として売り出すのは良心のな
サムスン電子、「世界初の5Gフォン」のタイトル欲しさに旧規格の通信チップを使用 続きを本紙で読む 》

韓日また衝突…「韓国産水産物を制限するな」に「韓国が日本産水産物の許容を」

2019年6月6日 ニュース, 韓国・中央日報

  韓国外交部のキム・ジョンハン・アジア太平洋局長が日本外務省の金杉憲治アジア太平洋局長と5日、日本東京で初めての韓日局長級協議を開催したが、認識の隔たりを確認することにとどまった。 

  この日午前11時から午餐を兼ねて行われた協議はキム局長と金杉局長の初対面の場だった。キム局長は先月、外交部が東北アジア局をアジア太平洋局に改編して新しく赴任した。 

  外交部によると、この席でキム局長は

「最近、日本政府の輸入水産物に対する検疫強化措置が韓国産水産物に対する偽装された差別措置として運営されてはならない」
と話した。日本政府が今月1日から韓国産ヒラメ・貝類・ウニなどに対するモニタリングの強化方針を発表したことを批判した発言だ。日本の措置をめぐり先月世界貿易機関(WTO)が福島産水産物の禁止措置を取った韓国側の軍配をあげると自ら報復に出たという指摘が出た。これを受け、金杉局長はむしろ
「韓国側が日本産水産物の輸入禁止措置を撤廃しなければならない」
と話したと時事通信が報じた。 

  強制徴用の賠償問題は依然として平行線をたどった。日本側はこれに先立って提起した1965年韓日請求権協定上の仲裁委員会招集要請に韓国が応じることを求め、キム局長は明確な回答をしなかったと

韓日また衝突…「韓国産水産物を制限するな」に「韓国が日本産水産物の許容を
続きを本紙で読む 》

文大統領が水素車にハマった理由は…半導体・バイオに続き未来車も直接広報

2019年6月6日 ニュース, 韓国・中央日報

  文在寅(ムン・ジェイン)大統領が5日、世界環境の日を迎えて韓国では初めて慶南昌原(キョンナム・チャンウォン)で開通した水素市内バスに乗った。 

  水素車は文大統領がシステム半導体、バイオヘルスなどとともに3大重点育成産業に選んだ未来車の代表商品だ。これに先立ち、サムスン電子華城(ファソン)事業場で開かれたシステム半導体ビジョン宣言式(4月30日)と忠北五松(チュンブク・オソン)で開かれたバイオヘルス産業革新戦略宣言式(5月22日)に参加した文大統領は1カ月ぶりに3大産業現場を全部訪れることになった。 

  文大統領の最近の経済歩みが3大産業に集中したのはノ・ヨンミン秘書室長など青瓦台(チョンワデ、大統領府)第2期体制が入ったことに密接な関係がある。国会産業通産委院長を務めたノ室長は文在寅政府を代表する次世代産業を集中的に育成しようと働きかけ、そのために選ばれたのがシステム半導体、バイオヘルス、未来車だ。 

  文大統領が公式行事で水素車に搭乗したのはすでに3回目だ。文大統領は昨年10月、フランス・パリを訪問して現地の都心を運行中である水素電気車タクシー

「NEXO」
に搭乗して水素車ステーションを見回した。昨年2月にも自律走行技術を組み合わせた同種類の車
文大統領が水素車にハマった理由は…半導体・バイオに続き未来車も直接広報 続きを本紙で読む 》

韓国経常収支7年ぶりに赤字…米中貿易戦争で経済に打撃必至(1)

2019年6月6日 ニュース, 韓国・中央日報

  世界経済に

「暗雲」
が垂れ込め始めている。米中貿易戦争の余波などでグローバル交易や投資は萎縮し、主要国の経済成長率は低くなるものとみられている。 

  特に中国をはじめとする東アジア・太平洋地域の新興国の経済成長率は、1997年アジア通貨危機以降、最低水準に落ちるだろうという予測が出てきた。 

  世界銀行は4日(現地時間)、米国ワシントンで報告書

「世界経済見通し」
を発表した。
「高まる緊張、沈む投資」
という副題がついた今回の報告書は、今年の世界経済成長率を昨年(3%)よりも低い2.6%と予想した。今年1月の報告書の見通し(2.9%)よりも0.3%ポイント低い数値だ。 

  主要先進国の中で、米国は今年2.5%成長した後、来年は1.7%の成長にとどまるとみられている。ユーロ貨幣使用19カ国(ユーロ圏)の今年の成長率見通し(1.2%)は1月(1.6%)よりも0.4%ポイント低くなった。 

  貿易戦争の相手である中国も事情は良くない。中国の成長率は昨年6.6%から今年6.2%に鈍化すると予想した。中国・インドネシア・タイなどを含めた東アジア・太平洋地域の新興国全体では今年5.9%成長する見通しだ。 

 

韓国経常収支7年ぶりに赤字…米中貿易戦争で経済に打撃必至(1) 続きを本紙で読む 》

【噴水台】中立は敵をつくる=韓国

2019年6月6日 ニュース, 韓国・中央日報

  最近の米中間の競争から2500年前にギリシャを焦土化させたペロポネソス戦争を思い出す人が少なくない。歴史家の名前にちなんだ

「トゥキディデスの罠」
だ。新興強大国(アテネ)の浮上に対する従来の強大国(スパルタ)の恐怖が戦争の原因ということだ。しかし韓国の立場で視線が向かうのはメロス島の運命だろう。アテネから同盟に合流しろという圧力を受けたが拒否したところだ。双方はこういう対話をした。 

  

「我々は中立だ。どの陣営にも加わらない状態を認めてほしい」
(メロス住民)  

  

「それはできない。被支配者は強者に対する憎しみからその強者の大きな力を知る」
(アテネ使節団) 

  

「屈服は絶望を意味するが、抵抗には希望が残っている」
(メロス住民) 

  

「すべてに希望をかける(無力な)者は夢が壊れた時にはすでに希望も消えている」
(アテネ) 

  メロスはスパルタが救援しに来ると信じていたが、スパルタは来なかった。メロスは絶滅した。それから2000年後、フィレンツェの賢者はこのように語った。

「友邦でない君主はあなたが常に中立として残っていることを望むが、友邦の君主は常に武器を持って支援することを望む。優
【噴水台】中立は敵をつくる=韓国 続きを本紙で読む 》