「2019年に抗日闘争か、時代錯誤も甚だしい」と韓国紙、「異常行動が過ぎればいつか代償」とも警告

2019年4月20日 Recordチャイナ, ニュース , ,

南部・釜山市の日本総領事館近くに設置された
「徴用工像」
の撤去反対運動など一連の動きについて、朝鮮日報は社説で
�年に抗日闘争とは時代錯誤も甚だしい」
と批判した。社説は
�年前にまで時計を逆回転」
と指摘。
「異常な行動が過ぎれば代償を払わねばならなくなる」
と警告している。 

旧日本軍の従軍を象徴する

「少女像」
が置かれている日本総領事館前には市民団体や労働組合が18年4月、植民地時代に朝鮮半島から強制徴用された労働者を象徴する
「徴用工像」
の設置を予告。しかし、市当局に阻止されたため、像は総領事館近くの公園の歩道に置かれていた。 

その後、4月12日になって市は法的な手続きがなされていないとして像を撤去。市内の

「国立日帝強制動員歴史館」
に移したところ、全国民主労働組合総連盟(民労総)をはじめとする複数の労働団体は15日、釜山市庁に集まって市長室前を占拠する抗議活動を行った。 

これに対し、執務室に閉じ込められた呉巨敦市長は

「労働者像設置の趣旨には共感する」
との文書を発表。
「公論化方式で労働者像を改めて設置する場所を5月1日までに決めたい」
として民労総などに譲歩した。 

こうした抗議行動について朝鮮日報は

「外交関係に関するウィーン条約によれば、外国公館のすぐ前に少女像や労働者像を設置することはできない」
と前置き。
「こ
「2019年に抗日闘争か、時代錯誤も甚だしい」と韓国紙、「異常行動が過ぎればいつか代償」とも警告 続きを本紙で読む 》

米国務長官「私が交渉を続ける」…北朝鮮の交代要求を拒否

2019年4月20日 ニュース, 韓国・中央日報

  ポンペオ米国務長官が19日(現地時間)、北朝鮮側の

「交渉からポンペオを外すべき」
という要求に対し、自分が今後も交渉チームを率いると明らかにした。 

  ポンペオ長官はこの日、日米外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)が終わった後の共同記者会見で、

「(北朝鮮との交渉から)退く考えはあるのか」
という質問に対し、
「何も変わっていない」
と答えた。 

  続いて

「我々は交渉をするために努力を続ける。トランプ大統領が全体の努力の責任を負っているが、それは私のチーム」
とし
「我々は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が昨年6月にシンガポールでした非核化の約束を実現するための米国の努力を率いていく」
と明らかにした。 

  これに先立ち北朝鮮外務省のクォン・ジョングン米国局長は18日、

「今後、米国との対話が再開される場合、ポンペオ長官ではなく、我々との意思疎通がより円満で円熟した人物が我々の対話相手になることを望む」
とし
「ポンペオ長官が会談に関与すれば、また状況がこじれる」
と述べた。 

  こうした北朝鮮の公開的な

「ポンペオ交代要求」
に対し、ポンペオ長官が正面から対応したのだ。この日、ポンペオ長官は
「北朝鮮の金
米国務長官「私が交渉を続ける」…北朝鮮の交代要求を拒否 続きを本紙で読む 》