元KARAク・ハラ、整形手術の指摘に「反論」=韓国ネットから厳しい声

2019年4月2日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年4月1日、・エキスポニュースは、元KARAのメンバー、ク・ハラが眼瞼(がんけん)下垂手術について
「再び口を開いた」
 

記事によると、先月31日、ク・ハラは自身のSNSに自撮り写真を掲示し、近況を伝えた。以前に比べ目がくっきりした印象のク・ハラに対し、ネットユーザーからは

「なぜ二重まぶたの手術をやり直したのか」
「目元矯正」
などのコメントが寄せられたという。これに対しク・ハラは
「眼瞼下垂手術をしたのは罪なのか」
「症状があるからしたのでしょう?」
と反論。事態はさらに拡大したが、最終的にはク・ハラが写真を削除したという。 

しかし削除後も物議を醸したことから、ク・ハラは今月1日に

「幼いころから芸能活動し、多くの悪質なコメントや精神的苦痛でたくさん傷ついてきました。まだ若いのに眼瞼下垂手術をするのには理由がある。右目に不便を感じたために自分自身をいたわるのが理由のひとつ。これからは自分自身のためにも、堂々とすべきことは堂々と話すのが正しいと思う」
と、眼瞼下垂手術の経緯を正直に告白した理由を明らかにしたという。 

また

「悪質なコメントに対して対処しなければと思ったことは一度もない。私も一日一日を一生懸命生きている人間」
と強調。
「どんな姿でも一度くらいはきれいに美しい視線で見てもらえたらうれしい。これからも努力する姿、行動で
元KARAク・ハラ、整形手術の指摘に「反論」=韓国ネットから厳しい声 続きを本紙で読む 》

【取材日記】韓国財閥3世の「麻薬パーティー」と彼らが住んでいる世界

2019年4月2日 ニュース, 韓国・中央日報

  韓国財閥家3世の犯罪スキャンダルにはトレンドがある。2年前、ハンファ3世の暴行事件を経て昨年は大韓航空3世のパワハラで財界が騒々しかった。今年は麻薬が波紋の中心だ。今月1日、麻薬購入容疑で警察に立件された事実が知らされたSKグループ創業者の孫チェ氏(31)と現代一家3世のチョン氏(29)のことだ。 

  米国の社会学者エドウィン・サザーランドは1930年代に有名な犯罪学習理論を出した。特定の集団が自分たちだけの道徳体系の中で犯罪行為の肯定的な面を多く頻繁に学習する場合、犯罪をますます簡単に学ぶようになるという内容だ。韓国では

「草緑は同色」
ということわざがこれを代弁している。 

  SK3世のチェ氏と現代家の3世チョン氏はともに同じ麻薬供給者から大麻を購入した。警察は麻薬供給者イ氏から、チョン氏とチェ氏が大麻購入の問い合わせをしたという陳述も確保したと伝えられた。 

  財閥家の実践教育を指摘する声も高い。京畿(キョンギ)大学犯罪心理学科のイ・スジョン教授は

「普通の人は他人同士どうしの競争だが、財閥3世は家族間の競争から来る非人格的環境にさらされる可能性もあっただろう」
としながら
「幼少年期には両親とのふれあいから韓国社会に合う道徳規範を学習するものだが、
【取材日記】韓国財閥3世の「麻薬パーティー」と彼らが住んでいる世界 続きを本紙で読む 》

【コラム】北に制裁の裏口を開けてやる韓国の「単眼外交」

2019年4月2日 ニュース, 朝鮮日報 ,

 最近、私的な席で会う安全保障部局の関係者は

「今の政権の視線は全て北朝鮮に注がれている」
と語る。非核化問題だけでなく、外交・安全保障の軸が北朝鮮を中心に回っているのだ。ほかの政府関係者も
「北朝鮮をなだめる支援策を用意するため骨折っている」
ハノイ首脳会談決裂後、金剛山観光や開城工業団地を再開するため、あらゆる手段と方法を模索しているのだ。異なる声は、上げることすら困難な雰囲気だ。 今年初めに
「北朝鮮の言う『朝鮮半島非核化』は韓国の目標である北朝鮮非核化とは異なる」
と言っていた趙明均(チョ・ミョンギュン)統一相は、今回
「骨の髄まで太陽政策論者」
の金錬鉄(キム・ヨンチョル)候補と交代した。外交部の高官も、800万ドル(約8億9000万円)の北朝鮮向け人道支援案に異議を唱えたが、厳しい内部批判を浴びたといわれている。 韓国大統領府(青瓦台)の文正仁(ムン・ジョンイン)外交・安保・統一特別補佐官は
「金候補の起用は、米国とは関係なしに韓半島(朝鮮半島)情勢を押していこうという意味」
経済状態が大変になったことを受け、文大統領は
「平和イニシアチブ」
に賭けた、という話まで出てきた。与党関係者は
「文大統領の所信は誰よりも固い」
北朝鮮を非核化へ誘導するための手段だった南北関係が、逆に至上目標と化してしまったのだ。 だが、北朝鮮と近しくなったからといって北朝鮮が核放棄に
【コラム】北に制裁の裏口を開けてやる韓国の「単眼外交
続きを本紙で読む 》

V.Iさん、クラブの現金を横領した情況…フィリピンでの誕生日パーティーに使われたか

2019年4月2日 ニュース, 韓国・中央日報

  

「バーニング・サン事件」
を捜査している警察がBIGBANGの元メンバー、V.Iさん(29、実名イ・スンヨン)が自身が共同運営していたクラブ
「モンキーミュージアム」
の収益金の一部を現金にして個人的に使った情況を捉えた。警察はこの現金の使い道も一部確認した状態だ。 

  ソウル地方警察庁広域捜査隊関係者は

「普通の横領は代金の決済額を膨らませて支給した後、後ほど現金で一部を返してもらう方式で行われるが、今回の事件ではユリホールディングスの現金が直接V.Iさん側に流れた証拠を見つけた」
と2日、伝えた。ユリホールディングスはソウル清潭洞(チョンダムドン)にあったモンキーミュージアムの運営会社だ。V.Iさんはユ・インソク前代表とともにユリホールディングスを創業した。 

  警察はこの資金の使い道をさらに確認した後、結果を発表する予定だ。警察はこの資金が2017年フィリピン・パラワン島で開かれたことが分かったV.IさんのVIP招待誕生日パーティーに使われたのでないか疑っている。 

  この関係者は

「現在、ユリホールディングス法人の設立・運営目的に合わない所に使われた資金数千万ウォンを確認したという点のみ明らかにすることができる」
とし
「V.Iさん側が現金の使い道の適法
V.Iさん、クラブの現金を横領した情況…フィリピンでの誕生日パーティーに使われたか 続きを本紙で読む 》

韓国、2022年までに外来客2300万人誘致…中国・インドのビザを大幅に緩和

2019年4月2日 ニュース, 韓国・中央日報

  文在寅(ムン・ジェイン)大統領が就任後初めて参加した拡大国家観光戦略会議で2022年までに外来観光客2300万人を誘致するという目標を明らかにした。このため、外国人のビザ発行条件を緩和し、ソウルと済州(チェジュ)に次ぐ国際観光都市の一カ所を選定して集中的に育成すると述べた。今年上半期中に非武装地帯(DMZ)を国民が直接歩くことができる

「平和の道」
を公開するという計画も明らかにした。 

  2日、仁川松島(インチョン・ソンド)の慶源齎(キョンウォンジェ)ホテルで開かれた国家観光戦略会議には李洛淵(イ・ナギョン)首相と13中央部署長・次官、観光関連機関および学界代表など約150人が参加した。1回目の会議では

「人がいる観光」
を、2回目の会議では
「地域観光の活性化」
を全面に出したとすれば、今度は
「大韓民国観光革新戦略」
を掲げた。 

  過去2回の会議と最も異なる点は外来観光客の誘致目標を前面に出したということだ。3月11日、文化体育観光部は今年の外来客の誘致目標を1800万人と掲げた。今度はより長期的な目標を発表した。数字を前面に出した量的成長をやめるという既存戦略を修正したわけだ。盧泰剛(ノ・テガン)文体部第2次官は

「2022年、2300万人誘致は多少無理な目標であるかもしれないが、必ず達成
韓国、2022年までに外来客2300万人誘致…中国・インドのビザを大幅に緩和 続きを本紙で読む 》

中国の観艦式、日本は「旭日旗」掲げて参加、韓国は「格下げ」?

2019年4月2日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年4月1日、メディア・韓国日報は
「今月23日に中国山東省青島で行われる観艦式に日本の艦艇が旭日旗を掲げて参加する」
とし、
「昨年10月の済州(韓国)の観艦式で韓国が旭日旗を外すよう要求し、日本が不参加を決定したことと対照的だ」
 

記事によると、ある外交消息筋は

「中国は現在まで、日本の艦艇の旭日旗についていかなる要求もしていない」
と明らかにした。韓国では
「中国が旭日旗を掲げた日本の艦艇と韓国の艦艇を横に並べ、韓国に恥をかかせるのではないか」
との懸念や、
「日本との歴史問題において、原則を重視する韓国と実益を強調する中国の正反対のアプローチ法が確認できる行事になる」
との見方が出ているという。 

観艦式は各国が最先端の海軍力を競う場。参加国は主催国との関係が友好的であるほど大規模かつ最新の艦艇を送る。 

記事によると、これまで韓国は中国の観艦式の

「常連」
だった。2009年には最精鋭の
「独島艦」
「姜邯賛艦」
を送り、親密な関係をアピールした。一方の日本は
「冷遇」
されてきた。09年には参加対象から除外され、14年には艦艇の代わりにシンポジウムに参加する代表団のみ招待を受け、日本が参加を拒否した。当時、日本と中国は尖閣諸島問題をめぐり対立が深まっていた。しかし、昨年の首脳会談をきっかけに中国と距離を縮めた日本は、今回は早くから参
中国の観艦式、日本は「旭日旗」掲げて参加、韓国は「格下げ」? 続きを本紙で読む 》

韓国、「国家債務」も史上最大…「2060年1人当たりの債務は2億7500万ウォンに」

2019年4月2日 ニュース, 韓国・中央日報

  

「国家負債」
とともに韓国政府が必ず返済しなければならない
「国家債務」
も昨年史上最大を記録した。 

  政府が2日に審議議決した

「2018会計年度国家決算報告書」
によると、昨年中央政府と地方政府の国家債務は対前年比20兆5000億ウォン(約2兆円)増となる680兆7000億ウォンにのぼることが分かった。昨年の総人口で割ると1人当たり1319万ウォンの借金を抱えていることになる。韓国の対国内総生産(GDP)比では38.2%で、前年と同じ水準だ。 

  

「国家負債」
「国家債務」
は異なる概念だ。国家負債は財務諸表上における未確定の債務で、すぐに返済しなければならないものではない。反面、国家債務は満期が決まっていて、利子の支給が伴う国・公債および借入金などで構成されていて、政府に返済義務がある。すなわち国家債務からは国家負債に含まれる
「国家が今後支給する可能性が高い金額」
は抜けている。 

  経済協力開発機構(OECD)主要国家と比較すると、韓国のGDPに対する国家債務水準は良好ほうだ。米国・日本・フランス・英国などはこの比率が100%を超えている。 

  問題は少子高齢化によって福祉関連支出が増えて国家債務が今後急増するとい

韓国、「国家債務」も史上最大…「2060年1人当たりの債務は2億7500万ウォンに
続きを本紙で読む 》

JYJパク・ユチョンの元恋人ファン・ハナ氏、麻薬投薬疑惑に

2019年4月2日 ニュース, 韓国・中央日報

  南陽(ナムヤン)乳業創業者の孫娘であり、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)活動家であるファン・ハナ氏(31)が麻薬を投薬したという疑惑で警察捜査を受けることが分かった。だが、最近、警察が申請した押収捜索令状が検察の段階で2回差し戻された事実が明らかになった。さらに、2015年にも警察と検察の捜査が不十分だったという疑惑も提起された。 

  京畿(キョンギ)南部地方警察庁はファン氏が麻薬を投薬したという情報提供を昨年入手して捜査中だと1日、明らかにした。ファン氏は2015年、ソウル江南(カンナム)ある場所でA氏にヒロポン0.5グラムが入ったビニール袋を渡した疑いで一回捜査の対象になったが、警察が今回入手した情報にはこの件以外に追加的な内容も含まれているという。だが、数カ月が過ぎても警察はファン氏を呼びただ一度も調査することができなかった。 

  警察がファン氏の麻薬投薬の有無などを確認しようと2回にわたって押収捜索令状を検察に申請したが、いずれも差し戻されたためだ。当時、検察は

「補強後申請せよ」
と令状を送りかえしたという。また、ファン氏は警察の出席要求にも応じていないことが分かった。警察関係者は
「捜査が行われている事案で具体的な内容について答えるのは難しい」
と話した。水原(スウ
JYJパク・ユチョンの元恋人ファン・ハナ氏、麻薬投薬疑惑に 続きを本紙で読む 》

次期韓国大統領選候補の支持率 最大野党代表の黄氏がトップ=2位は李首相

2019年4月2日 ニュース, 朝鮮日報

【ソウル聯合ニュース】韓国の世論調査会社リアルメーターが2日発表した次期大統領選挙(2022年)への出馬が予想される政治家の支持率調査で、保守系最大野党

「自由韓国党」
の黄教安(ファン・ギョアン)代表が前月より3.3ポイント上昇した21.2%で3カ月連続のトップとなった。李洛淵(イ・ナクヨン)首相が3.4ポイント上がった14.9%となり、3位から2位に上昇した。

 調査は先月25~29日、全国の有権者2516人を対象に実施された。大統領選への出馬が予想される政治家12人の支持率を調査した。 3位は盧武鉉(ノ・ムヒョン)財団の柳時敏(ユ・シミン)理事長で、1.2ポイント下落した12.0%となり、3位に転落した。次いで与党

「共に民主党」
所属の李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事(7.1%)、同党の朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長と同党の金慶洙(キム・ギョンス)慶尚南道知事(いずれも5.9%)、野党
「正義党」
の沈相ジョン(シム・サンジョン)国会議員(4.9%)、自由韓国党所属の呉世勲(オ・セフン)前ソウル市長(4.5%)、同党の洪準杓(ホン・ジュンピョ)前代表(4.4%)などだった。 
「民主平和党」
と正義党を含む進歩(革新)系与党陣営の支持層や無党派では李洛淵氏が22.1%で支持率トップだった。自由韓国党と
「正しい未来党」
の保守系野党陣営の支持層や無党派では黄氏(38
次期韓国大統領選候補の支持率 最大野党代表の黄氏がトップ=2位は李首相 続きを本紙で読む 》

韓国の国有財産のうち最高額のものは何?

2019年4月2日 ニュース, 韓国・中央日報

  韓国政府が保有している最も高価な国家財産は12兆ウォンを越える京釜(キョンブ)高速道路だった。実際に売買することはないが、昨年地価の上昇により1年間で価値が1兆ウォン(約979億円)近く高騰した。 

  政府が2日、国務会議(閣議に相当)で議決した

「2018会計年度国家決算」
によると、昨年の国有財産の価値は合計1076兆6000億ウォンで、前年比8000億ウォン増となった。土地(466兆6000億ウォン)、工作物(285兆2000億ウォン)、有価証券(241兆7000億ウォン)、建物(69兆7000億ウォン)という内訳になっている。 

  個別有形資産のうち最も価値があるのは帳簿価額が12兆1316億ウォンの京釜高速道路〔ソウル~釜山(プサン)〕であることが分かった。前年比9440億ウォン価値が高まった。続いてソウルと木浦(モクポ)をつなぐ西海岸(ソヘアン)高速道路が6兆7063億ウォン、釜山~順天(スンチョン)をつなぐ南海(ナムへ)高速道路が6兆3232億ウォンとなっている。 

  国有建物のうち最も高価なものは政府世宗(セジョン)庁舎だった。企画財政部・公正取引委員会などが入居している1段階が4502億ウォン、教育部・産業通商資源部などが入っている

韓国の国有財産のうち最高額のものは何? 続きを本紙で読む 》

DRAM価格1年間で半分に、韓国の半導体も「輸出の崖」

2019年4月2日 ニュース, 韓国・中央日報

  輸出のドル箱に挙げられる半導体価格の下落と中国の景気鈍化が重なり韓国の輸出が4カ月連続で減少した。 

  産業通商資源部が1日に明らかにしたところによると、先月の輸出は前年同期比8.2%減少の471億1000万ドルで4カ月連続で減った。半導体とともに輸出主力品目である石油化学、石油製品、無線通信機器などが輸出減少傾向を免れないなど主力13品目のうち船舶が5.4%増えたのを除き12品目の輸出が先月は減少した。輸入は6.7%減少した418億9000万ドル、貿易収支は52億2000万ドルの黒字を記録し86カ月連続の黒字となった。 

  特に半導体輸出は昨年3月の108億ドルから今年3月は90億1000万ドルと前年同期比16.6%減少した。輸出量は3月に増加傾向に反転したが価格が急落して輸出額は減った。DRAM(DDR4・8Gb)価格は昨年3月の9.1ドルから今年3月末には4.56ドルと半分になった。NAND型フラッシュ(MLC128Gb)価格もやはり同じ期間に30%下がった。 

  証券業界では

「1-3月期の業績は市場の期待水準を下回るだろう」
と自白(?)したサムスン電子に続き、SKハイニックスも振るわない業績を出すと予想している。特にSKハイニックスのNA
DRAM価格1年間で半分に、韓国の半導体も「輸出の崖
続きを本紙で読む 》

【コラム】経常収支赤字の「悪夢」=韓国

2019年4月2日 ニュース, 韓国・中央日報

  1986年は韓国経済史で忘れることのできない年だ。大韓民国が国際舞台にデビューしてから初めて46億ドルの経常収支黒字を記録した。日帝強占期だった1924年と1925年に2年連続で経常黒字を出したことはあった。だが日本が朝鮮米を大量輸入した例外的時期だっただけに、1986年が持つ意味とは厳格に区別される。 

  1986年ごろは

「対外債務亡国論」
が勢いづいていた時期で、対外債務危機の本質は経常収支赤字だった。赤字にともなう外貨資金不足を埋め合わせるため海外からの借入を増やすほかない脆弱な経済構造だったのだ。経常黒字の達成は社会全般に大きな変化をもたらした。前政権から
「高度成長の後遺症」
を受け継いだ全斗煥(チョン・ドゥファン)政権は自信を回復し
「安定化施策」
を推し進め、初めての
「3低好況」
へと続いた。 

  知識人社会に及ぼした影響も莫大だった。

「従属理論」
の類の左派・進歩経済学に対する疑義が大きく広がった。
「韓国のような対外従属的な国では自立的資本主義が発展できない」
という植民地反封建社会論の首唱者であるソウル大学の安秉直(アン・ビョンジク)教授は経常黒字を契機に
「学問的転向」
を断行した。植民地反封建社会論を廃棄し、
「第三世界でも自立的な資本主義成立が可能だ」
という
「中進資本主義理論」
【コラム】経常収支赤字の「悪夢」=韓国 続きを本紙で読む 》

ストで崩壊するルノーサムスン…3月の販売「半減」

2019年4月2日 ニュース, 韓国・中央日報

  ルノーサムスン自動車の先月の内外での自動車販売台数は半減した。仏ルノー本社と同盟を結んだ日本の日産がルノーサムスン労働組合の長期ストを理由に今年のスポーツ多目的車(SUV)

「ローグ」
の委託生産台数を40%ほど減らし直撃弾を受けた。 

  ルノーサムスンは1日、先月の内外販売台数が前年同月より49.0%の急減となる1万3796台と集計されたと発表した。釜山(プサン)工場の年間生産台数の半分を占めてきたローグの輸出台数が減ったのが大きかった。先月北米向けに輸出したローグは5779台で、前年同月の1万3751台より58.0%急減した。 

  ルノーサムスンの販売台数は1月と2月も前年同月よりそれぞれ37.3%と26.7%減った。日産はルノーサムスンのスト長期化を理由に今年のローグ委託生産台数をこれまでの10万台から6万台に減らすことにした。 

  

「忘れていた『暗黒期』が再来したようだ」
。 

  ルノーサムスン従業員の間ではこうした嘆きが続いている。従業員の懸念の通り、ルノーサムスンは1-3月期に2015年以降で最悪の成績表を受けた。2014年9月に日産ローグを受託生産してから初めて四半期販売台数が4万台を下回った。ルノーサ

ストで崩壊するルノーサムスン…3月の販売「半減
続きを本紙で読む 》

大統領府、11月の韓-アセアン首脳会議に金正恩委員長の招請を検討

2019年4月2日 ニュース, ハンギョレ ,

 大統領府は11月に釜山で開かれる韓国-ASEAN(東南アジア諸国連合)の特別首脳会議に、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長を招請することを考慮していると1日、明らかにした。 大統領府のユン・ドハン国民疎通首席はこの日、記者団に

𰃊SEAN諸国から金委員長招請の話があり、これを議論するだろう」
と述べ、
「(大統領府内部でも)朝鮮半島の平和のために特別首脳会議に金委員長を招請するのが良いのではないかという議論があった」
と明らかにした。ユン首席は
𰃊SEAN諸国とこの点について協議する予定であり、その結果金委員長の招請が必要だと参加国家が同意すれば、これを北と話し合う」
と付け加えた。昨年11月にシンガポールで開かれた韓国-ASEANの首脳会議で、インドネシアのジョコ・ウィドド大統領は文在寅(ムン・ジェイン)大統領に
「韓国と北朝鮮がそろって特別首脳会議に参加することになれば、特別首脳会議の意義がいっそう生きるはずだ」
と話し、金委員長を招請しようと提案した。別の大統領府関係者は
「朝鮮半島情勢を鑑みてASEAN側と協議し、この問題を考慮する予定」
だ この日、大統領府は韓-ASEAN特別首脳会議を11月25日から26日まで釜山で開催すると発表した。 ユン首席は
「文在寅大統領は、今年韓国-ASEANの交流樹立30周年を記念し、ASEAN10カ国の首脳および事務総長を招請し
大統領府、11月の韓-アセアン首脳会議に金正恩委員長の招請を検討 続きを本紙で読む 》

「韓国は日独に部品・素材依存していた時代に後退している」

2019年4月2日 ニュース, 韓国・中央日報

  

「またすべての素材をドイツと日本に依存する時代に戻りたいですか?」
 

  韓国中堅企業連合のカン・ホガプ会長の言葉だ。韓国は産業化初期から多くの高付加価値産業素材をドイツと日本に依存してきた。産業競争力が高まりある程度素材の国産化を実現した。カン会長はしかし、

「第4次産業革命などで技術発展が加速化している経営環境でさらに速いスピードで適材適所に投資すべき市場競争から淘汰されるほかない」
と指摘した。ドイツと日本がリードしているという話だ。彼は
「ドイツと日本は未来を見通して新素材3次元(3D)プリンティングなどに積極的に投資しているが、韓国はこの分野に対する投資がほとんどされていない。国家研究開発予算を事業化が可能な分野に投資すべきだ」
と強調した。2月に3期目の任期が始まったカン会長と1日にソウル・麻浦(マポ)の中堅企業連合事務室で会った。彼は
「産業発達速度は途轍もないが、韓国は規制などに阻まれ事実上手をこまねいている」
として危機感を吐露した。 

  ◇

「特異点くるのに韓国は手をこまねいている」
 

  カン会長は体で危機を感じているようだった。彼は

「産業技術発達速度が非常に速まった。情報処理速度など技術発達により過去10~20年間で起きた変化が1~2年間で
「韓国は日独に部品・素材依存していた時代に後退している
続きを本紙で読む 》

「堅調」のはずの韓国経済、3大指標が全てマイナスに=韓国ネットから大ブーイング

2019年4月2日 Recordチャイナ, ニュース

2019年3月29日、・朝鮮ビズは
「文大統領の『経済堅調』発言から10日…3大指標すべてマイナス」
と題する記事を掲載した。 

記事によると、韓国の今年2月の

「産業活動動向」
は生産・投資・消費など経済3大指標が一斉にマイナスを記録した。今年1月には回復の兆しが見られたため、韓国企画財政部は
「肯定的なモメンタムにある」
と評価していた。しかしわずか半月でこうした状況になったことから、経済政策のコントロールタワーである同部の
「景気認識」
に疑問の声が上がっているという。 

また、(ムン・ジェイン)大統領も今月19日に開かれた閣議で、1月の産業活動動向を踏まえ

「世界経済の見通しが暗い中、韓国経済は今年さまざまな側面から改善の様子が見られる。韓国の経済は堅調な流れを維持している」
と言及していたという。 

ある国策研究院の関係者は

「旧正月の連休効果を除いた1、2月の合算統計を見ても、ほとんどの指標がマイナスの状態。世界経済の成長が減速する状況の中、1月の指標がプラスに出たからといって肯定的なモメンタムと言及したこと自体に無理があった」
と話しているという。 

これを受け、韓国のネット上では

「文政府の最大の問題点は、過ちを認めて謝罪して反省して改善する仕方を知らないこと」
「文大統領、どうかもう庶民を苦しめるのはやめて」
「ショーとうそで国
「堅調」のはずの韓国経済、3大指標が全てマイナスに=韓国ネットから大ブーイング 続きを本紙で読む 》

「FBI、スペイン大使館から『自由朝鮮』が奪取した情報を受け取った」

2019年4月2日 ニュース, ハンギョレ , ,

 反北朝鮮団体の

「自由朝鮮」
が2月22日、駐スペイン北朝鮮大使館に侵入して確保した情報を、米連邦捜査局(FBI)が受け取ったと、NBC放送が報道した。古い疎通方式を使うことも知られており、これらの文書情報が非常に価値の高いものである可能性があると、NBCは分析した。 自由朝鮮と米国当局の情報共有は、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員とドナルド・トランプ大統領が昨年から続けてきた朝米対話に微妙な影響を及ぼしかねない。米政府は同事件との関連性を認めず、慎重な態度を示している。最近、国務省は
「米国政府はこの事件と無関係だ」
と明らかにし、連邦捜査局も
「捜査の存在を確認も、否定もしないのが、我々の一般的慣行」
だと述べた。北朝鮮は3月31日、外務省報道官を通じて、この事件は
「深刻なテロ行為」
だとし、
「今回のテロ事件に米国連邦捜査局と反共和国団体の端くれが関与しているというなど、各種説が流れていることについて注視している」
とした。

「FBI、スペイン大使館から『自由朝鮮』が奪取した情報を受け取った
続きを本紙で読む 》

世界6位の韓国建設産業の急落…日本との格差5段階に広がる

2019年4月2日 ニュース, 韓国・中央日報

  世界で韓国の建設産業の地位が急落している。現政権発足後に

「建設産業グローバル競争力」
の順位は6位から12位に急落した。建設業が国家経済の根幹を成しているだけに対策準備が急がれるという声が大きい。 

  韓国建設技術研究院が昨年12月に作成した非公開報告書

「建設産業のグローバル競争力評価に基づく海外建設ビッグイシュー開発(III)」
によるとこう現れた。建設産業グローバル競争力とは建設企業が世界の舞台で競争できる企業の能力と制度、政策など国の総体的能力を意味する。 

  韓国の2018年の順位は調査対象20カ国中12位だ。2年前の2016年に6位を記録してから2017年が9位、2018年が12位と毎年3段階ずつ落ちた。韓国が10位圏外に押し出されたのは研究院が調査を始めた2011年以降で初めてだ。 

  他の国の2018年を成績表を見ると、米国が前年と同じく1位を占めた。その後を中国、スペイン、ドイツ、英国、カナダなどが続いた。1位の米国は設計部門で、2位の中国は施工部門で非常に高い競争力を備えたと評価された。 

  主要競合国である日本は韓国より5段階高い7位を記録した。評価初年度の2011年ね11位となってから着実に順

世界6位の韓国建設産業の急落…日本との格差5段階に広がる 続きを本紙で読む 》

現代自動車の世界販売 3月は前年比2.2%減

2019年4月2日 ニュース, 朝鮮日報

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車は1日、国内と海外を合わせた3月の販売台数が前年同月比2.2%減の38万9160台だったと発表した。国内販売は7万111台で3.7%増加し、海外販売は31万9049台で3.4%減少した。

現代自動車の世界販売 3月は前年比2.2%減 続きを本紙で読む 》

3月の輸出8.2%減 半導体不振・中国景気鈍化が影響=韓国

2019年4月2日 ニュース, 朝鮮日報

【世宗聯合ニュース】韓国産業通商資源部は1日、3月の輸出額は前年同月比8.2%減の471億1000万ドル(約5兆2400億円)だったと発表した。

 前年同月比での輸出額減少は昨年12月から4カ月連続。同部は、3月の輸出額減少について半導体価格の下落、中国の景気鈍化の持続、操業日の減少などが影響したと説明した。 半導体は単価下落とともに半導体を購入するグローバルIT企業の在庫調整が続き、3月の輸出額は前年同月比16.6%減少した。 ただ、昨年12月以降マイナスを記録していた半導体輸出量は、3月には1.8%増に転じた。 同部は今月から13大主力品目以外に新産業を反映した20大主要品目の輸出動向を集計しているが、20大品目のうち船舶(5.4%増)、プラスチック製品(3.6%増)、バイオヘルス(13.0%増)、2次電池(10.2%増)の4品目を除いて輸出が減少した。  地域別では中国向け輸出が成長鈍化や世界貿易の不振などの影響で15.5%減少した。中国への輸出は昨年、輸出全体に占める割合が26.8%を記録したが、5カ月連続で下落傾向を示している。 東南アジア諸国連合(ASEAN)地域向けも半導体、無線通信機器、石油製品などの不振が響き7.6%減少した。 一方、米国向けは自動車や機械、石油製品などを中心に4.0%増加し、6カ月連続で増加傾向を維持した。ロシアなど独立国家共

3月の輸出8.2%減 半導体不振・中国景気鈍化が影響=韓国 続きを本紙で読む 》