日米間宇宙状況監視システムの連結を推進…宇宙情報共有の目的

2019年4月1日 ニュース, 韓国・中央日報

  日本と米国が2023年から自衛隊と米軍の宇宙状況監視(SSA)システムを連結させ、リアルタイムで他の国の衛星状況とデブリ(宇宙ごみ)などに関する情報を共有する方針を推進する。 

  31日、毎日新聞によると、両国は今年4月米ワシントンで外交・国防長官が参加する日米安全保障協議委員会(2プラス2)で他国の衛星攻撃などに備えた相互防護体制構築を目指して宇宙分野での連携強化を協議する予定だ。 

  防衛省関係者は毎日新聞に

「アジアでは米軍の上空監視能力が制限されるしかなく、日本の役割が必要だ」
と主張した。

日米間宇宙状況監視システムの連結を推進…宇宙情報共有の目的 続きを本紙で読む 》

「韓日、1988年『明仁皇太子』の訪韓を協議」

2019年4月1日 ニュース, 韓国・中央日報

  韓国外交部が31日に公開した1988年以前の外交文書によると、韓日両国は1988年明仁天皇の訪韓について協議したことが分かった。 

  1988年9月当時、日本外務省の村田良平元事務次官が李源宗(イ・ウォンジョン)元駐日韓国大使との非公式協議で

「明仁(現天皇)の早急な韓国訪問が実現されることを期待する」
という日本の立場を伝え、李大使がこれを本部に報告したと発表された。 

  李大使が報告した内容によると、村田元事務次官は

「盧泰愚(ノ・テウ)大統領の訪日が実現すれば、竹下登首相との首脳会談で明仁皇太子の訪韓問題を対外秘議題として扱うことができる」
と述べた。 

  一方、1988年11月初めて予定された盧泰愚元大統領の訪日計画は当時の裕仁天皇の病状が悪化することで先送りされた。 

  裕仁天皇は1989年1月7日に亡くなり、盧元大統領は1990年5月に日本を訪問して息子である明仁天皇に会った。          “한일, 1988년 ‘아키히토 일본 왕세자’ 방한 논의”    한국 외교부가 31일 공개한 1988년 이전 외교문서에 따르면, 한일은 19

「韓日、1988年『明仁皇太子』の訪韓を協議
続きを本紙で読む 》