<サッカー>韓国勢に敗れた広州恒大、「審判に問題あった」とAFCに提訴=中国ネット「恥の上塗り」「実力の問題」

2019年3月13日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

中国のスポーツメディア・新浪体育などによると、のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)グループF第2節での大邱FCに敗れた中国の広州恒大が、審判のジャッジに問題があったとしてアジアサッカー連盟(AFC)に提訴した。 

【】

12日に行われた試合は、3-1でホームの大邱FCが勝利した。広州恒大は試合後、

「審判団に度重なるミスジャッジがあった」
として正式にAFCに提訴した。 

広州が主張しているのは、

�分の大邱のゴールはオフサイドだった」
�分に大邱の選手がペナルティーエリア内でハンドをしたが、広州にPKが与えられなかった」
�分に大邱のファウルが取られなかったことで広州がカウンターを受け失点した」
という3点と見られる。 

新浪体育の記事では、

「現地で観戦した中国のサポーターも『主審のジャッジは明らかに偏っていた』と強烈な不満と疑問を呈していた」
と報じられているが、ネットユーザーの見方は異なるようだ。 

「主審のジャッジには確かに問題があった」
という声も散見されるものの、代表的なのは
「恥の上塗り」
「訴えてもたぶん意味ないでしょう」
「この試合の審判は公平だった。難癖をつけるのは、中国サッカーのイメージを損ねることになる」
など広州に批判的なコメントだ。 

また、

「ジャッジに問題はあったかもし
<サッカー>韓国勢に敗れた広州恒大、「審判に問題あった」とAFCに提訴=中国ネット「恥の上塗り」「実力の問題
続きを本紙で読む 》

歌手チョン・ジュニョンさん「恥ずかしく申し訳ない…挙げられているすべての罪認める」

2019年3月13日 芸能

  歌手チョン・ジュニョンさんが違法映像撮影および流布に対して謝罪した。 

  チョンさんは12日、

「恥ずかしく申し訳ない気持ちで紙面を借りてご挨拶します」
と口火を切り、
「帰国して改めて事態の深刻さに気づきました。すでに手遅れですが、この謝罪文を通じて関心を向けて再度機会を与えてくれたすべての方々に謝罪の言葉を申し上げます」
 

  特に議論されている内容に関連してすべての罪を認めると明らかにした。チョンさんは

「同意を受けないままで女性を撮影し、これをSNSのチャットルームに流布し、そのような行為をしながらも大きな罪悪感なく行動しました」
としながら
「公人として非難されても当然の不道徳な行いであり、あまりにも浅はかな行動でした」
と自ら認めた。 

  あわせて

「映像に登場する女性の方々と失望と驚愕を禁じ得ない事態に怒りを感じていらっしゃるすべての方々にひざまずいて謝罪します」
と繰り返し謝った。また、すべての芸能活動を中断して14日午前から始まる警察の取り調べに一切偽りなく誠実に参加すると付け加えた。立場コメントは自身が取った行動に対する処罰、非倫理的で違法な行為を一生反省して生きるという言葉で締めくくられていた。 

  

歌手チョン・ジュニョンさん「恥ずかしく申し訳ない…挙げられているすべての罪認める
続きを本紙で読む 》

韓国財界代表、二階幹事長らと会談へ…韓日経済問題は解決に向かうのか

2019年3月13日 ニュース, 韓国・中央日報

  韓国の全国経済人連合会(全経連)の許昌秀(ホ・チャンス)会長が14日、東京を訪問し、自民党の二階俊博幹事長らと会談するという。 

  韓国経済日刊紙の毎日経済新聞は、14-15日開催の

「B20東京サミット」
に出席する許昌秀会長が二階俊博幹事長と会う計画だと12日報じた。許会長は二階幹事長に韓日間の外交葛藤が経済問題に飛び火してはいけないという立場を伝える方針という。 

  最近悪化した韓日関係は両国間の経済問題にも影響を及ぼしている。韓日経済協会は今年5月13-15日にソウル中区ロッテホテルで開催する予定だった

「第51回韓日経済人会議」
を9月以降に延期した。また、麻生副総理兼財務相は韓国の徴用被害訴訟で賠償命令を受けた日本企業の資産差し押さえに関連し、ビザ発行や送金の停止など報復措置を具体的に検討していると明らかにした。 

  許昌秀会長は昨年6月にも東京で二階俊博幹事長に会っている。当時、許会長は韓日金融協力の代表事例の

「韓日通貨スワップ」
再開を建議するなど、韓日間の経済協力活性化を要請した。

韓国財界代表、二階幹事長らと会談へ…韓日経済問題は解決に向かうのか 続きを本紙で読む 》

元KARAのク・ハラ、V.Iとの関連に言及したネットユーザーに「全く関連ない」

2019年3月13日 芸能

  元KARAのメンバーで歌手のク・ハラがBIGBANG(ビッグバン)のV.I(ヴィアイ)との関連性を断固として否定した。 

  ク・ハラは12日、自身のSNSに

「偉大なスンツビー様と(ダンス)スクール同期生のハラ様は関連ありませんか」
というあるネットユーザーのコメントに
「全く関連ありません」
と返した。 

  2人は光州(クァンジュ)広域市出身で、デビュー前に同じダンススクールに通っていたことがある。デビュー後、番組を通じて親交があることを紹介したりもした。これをめぐり、最近V.I関連の疑惑と紐付けようとする一部ネットユーザーに断固として対処したとみられる。 

  一方、V.Iは10日、売春あっ旋など行為の処罰に関する法律違反容疑で立件された。問題が浮上してから43日後となる11日、V.Iは韓国芸能界からの引退を宣言した。

元KARAのク・ハラ、V.Iとの関連に言及したネットユーザーに「全く関連ない
続きを本紙で読む 》

日本が拒否していた慰安婦訴訟が再開?韓国裁判所が公示送達=韓国ネットからは疑問の声も

2019年3月13日 Recordチャイナ, ニュース , , ,

2019年3月13日、・YTNは、2年近く延期されていた
「訴訟」
が開始される見込みだ 

ソウル中央地裁は12日、

「損害賠償訴訟の訴状と訴訟案内書の日本語翻訳版を8日に日本政府に公示送達した」
と発表した。公示送達とは、相手方の住所が分からなかったり、相手方が受領を拒否したりした時に、その文書を裁判所の掲示板などに一定期間掲示すれば法的に送達したものとする制度のこと。公示送達は5月9日から効力が生じるという。 

韓国の元慰安婦と遺族らは2016年12月、

「日本植民地時代に性奴隷として強制的に連行され、精神的・肉体的苦痛を受けた」
と主張し、日本政府を相手取り損害賠償訴訟を起こした。これに対し日本政府は
「ハーグ送達条約第13条の主権侵害に当たる」
と主張し、訴状の受領を拒否している。 

これに、韓国のネットユーザーからは

「よくやった」
「応援する」
「日本には圧力を掛け続けなければならない」
「日本に言いたいことをはっきりと言える文政権だから可能なこと」
など称賛の声が上がっている。 

一方で

「お金をもらって解決済みの問題だってば(笑)」
と主張する声や、
「この国はいつまで過去に縛られるのか。感情的な国民に流されるだけで、国益のための戦略などない。日韓が敵対関係を続け、若者の間に嫌韓、反日感情が拡散して得られるものはあるだろう
日本が拒否していた慰安婦訴訟が再開?韓国裁判所が公示送達=韓国ネットからは疑問の声も 続きを本紙で読む 》

歌手チョン・ジュニョン わいせつ動画の流布などで立件

2019年3月13日 芸能

【ソウル聯合ニュース】わいせつな動画を違法に流布した疑いが持たれている韓国の歌手兼タレント、チョン・ジュニョンさん(30)が12日、性暴行犯罪の処罰などに関する特例法違反(カメラなど利用しての撮影)の容疑で立件された。ソウル地方警察庁が明らかにした。

 テレビ番組の撮影のために米国に滞在していたチョンさんはこの日午後帰国。警察はチョンさんの出国禁止を申し立てた。 チョンさんへの容疑は、売春あっせん疑惑などを持たれている人気グループBIGBANG(ビッグバン)のV.I(ヴィアイ)さん(28)を警察が捜査する過程で明るみに出た。 SBSテレビは11日、V.Iさんが外国人出資者への性接待をほのめかすやり取りを行ったとされるコミュニケーションアプリ

「カカオトーク」
のグループに参加していた芸能人のうち1人がチョンさんだとし、チョンさんが他の知人にも違法に撮影したわいせつな動画や写真を送信した これを受け、警察はチョンさんのわいせつ動画撮影・流布容疑について捜査に着手。チョンさんの行為を確認した。 警察はカカオトークで行われていた会話の内容を分析する一方、グループに加わっていたそのほかの参加者も立件し、違法行為がなかったか調べている。 チョンさんはこの日午後6時ごろ、仁川国際空港に到着。取材団の質問に対し
「申し訳ありません」
と答え、逃げるように空港を出た。 警察は
歌手チョン・ジュニョン わいせつ動画の流布などで立件 続きを本紙で読む 》

V.I性接待疑惑が韓国芸能界に飛び火、グループチャット参加歌手を捜査へ

2019年3月13日 芸能 , , , , ,

 ソウル市江南区のクラブ

「バーニングサン」
をめぐる一連の警察捜査が芸能界にも拡大している。 アイドルグループ
𰃋IGBANG」
メンバーのV.I(28)=本名:イ・スンヒョン=の性接待疑惑を捜査しているソウル地方警察庁広域捜査隊は11日、
「V.Iが性接待関連のやり取りをした2015年12月のコミュニケーション・アプリ『カカオトーク』グループチャットに多数の芸能人が参加していたことが確認された」
と明らかにした。警察関係者は
「この一部に先週、参考人として出頭を求めて事情聴取した」
警察は、V.Iが外国人投資者に性接待をするため、ソウル市江南区のクラブ
「アリーナ」
に複数の女性を呼んだという疑惑に関して、V.Iを売春あっせん容疑で調べている。 警察によると、グループチャットには当時、V.Iを含めて計8人が参加していたという。これには歌手チョン・ジュニョン(30)=写真=ら男性芸能人もいた。SBSは同日、
「チョン・ジュニョンは女性と性行為をする様子をこっそり撮影し、2015年からグループチャットで共有していた」
「女性被害者は10人以上と見られる」
報道によると、チョン・ジュニョンは
「喪家(喪中の家)で関係した。おれはクズだ」
などのメッセージを知人と共有していた。 警察も該当のやり取りを確保していることが明らかになった。警察関係者は
「V.Iが売春あっせんをしたというグループ
V.I性接待疑惑が韓国芸能界に飛び火、グループチャット参加歌手を捜査へ 続きを本紙で読む 》

イースター航空、日本路線に投入された「B737MAX8」運航を中断…「不安解消次元で」

2019年3月13日 ニュース, 韓国・中央日報

  韓国の格安航空会社(LCC)イースター航空が最近の墜落事故で安全に対する懸念が高まっている

「B737MAX8」
航空機の運航を中断することにした。 

  12日、国土交通部によると、イースター航空は保有中の同機種2機の運航を顧客の便宜と不安解消のために暫定的に中断することに決めた。イースター航空のこのような措置は自発的な決定だという。 

  イースター航空は昨年末から今年初めにかけて同機種2機を相次いで導入し、現在は日本・タイなどの路線に投じている。国内航空会社の中でB737MAX8を保有している航空会社はイースター航空が唯一だ。 

  同機種は、現在、韓国内で2機だけだが、年内に大韓航空とイースター航空、ティーウェイ航空が導入計画を確定している。その他にも長期的に数十機~100機規模で国内航空会社に引き渡される予定だ。 

  一方、今月10日、エチオピア航空旅客機が離陸直後に墜落して搭乗者157人全員が亡くなる事件が発生した。これは昨年10月29日に墜落して搭乗者189人全員が死亡したライオン・エア旅客機と同じB737MAX8で、該当機種の安全に対する懸念が高まっている。 

  これに

イースター航空、日本路線に投入された「B737MAX8」運航を中断…「不安解消次元で
続きを本紙で読む 》

V.Iさんの日本ラーメン店「アオリ」、客足途絶えて店内はガラガラ

2019年3月13日 芸能

  韓国男性グループBIGBANG(ビッグバン)のV.I(ヴィアイ)さん関連のスキャンダルが広がりながら、日本ラーメンフランチャイズ

「アオリの神隠し」
(アオリラーメン)に火の粉が飛び移った。
「スンリ(=V.I)ラーメン店」
と呼ばれながら一時は客が行列を作って待ったアオリラーメン弘大店(V.Iさんの父親イ・ヨンジンさんが経営)の場合、12日の昼食時間帯に日本・東南アジア旅行客各1組と外国人女性1人以外に訪れる人がいなかった。特に韓国人は記者一行を除いて1人もいなかった。午前11時30分オープン以降、1時間で計30席ほどの座席占有率は30%ほどだった。V.Iさんはアオリラーメンを統括するアオリF&Bの代表を務めている。 

  加盟店も同じだ。同じ時間、アオリラーメン光化門(クァンファムン)店の利用客は15人のみ。総座席20席のうち占有率は70~80%水準だが、昼食時間帯になれば会社員でいっぱいになる光化門の飲食店としては閑散としていた。 

  アオリラーメンは

「スンツビー」
の一つで、V.Iさんの成功アイテム一つに挙げられる。スンツビーは底辺の生活から始めてアイドルを経て事業家になったV.Iさんを遠回しに指す表現だ。小説『グレート・ギャツビー』の中で、貧しい農夫の息子が百万長者になった後、毎週盛
V.Iさんの日本ラーメン店「アオリ」、客足途絶えて店内はガラガラ 続きを本紙で読む 》

日米と正反対に向かう韓国の不動産政策、ガラパゴス不況招くか

2019年3月13日 ニュース, 韓国・中央日報

  米国の量的緩和政策により強く従っていった安倍首相と黒田日本銀行総裁の日本も2012年から

「失われた20年」
を成功裏に克服し長期好況に入り込んだ。日本は2012年12月から今年1月まで74カ月連続で好況を持続し、これまで最長の好況だった2002年1月~2008月2月の73カ月の
「いざなみ景気」
を超えることが確実視されている。 

  韓国は米国や日本とは正反対に進んでいる。いまの韓国のように不動産を無条件で押さえ込む政策は不動産だけ見て家計の実質負債負担や経済全体を見ることができず、家計実質負債は増加しているが不動産価格は下落する負債デフレを発生させており懸念が大きい。すでに盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代に失敗した政策を2回も3回も焼き直した様相だ。さらに韓国ではOECD基準で2008年に143%だった家計負債比可処分所得比率が最近175%まで上昇したと調査されるなど名目家計負債も増加しており、家計の実質負債負担はさらに大きくなっている。韓国の小売り販売額増加率は危機以前の水準を回復できず低い増加率水準で横ばいとなっている。米国と日本が果敢に推進し戦後最長の好況を記録している量的緩和政策は導入もしておらず、世界の経済好況の中で韓国だけ景気が低迷する

「ガラパゴス不況」
を迎えている。 

  最

日米と正反対に向かう韓国の不動産政策、ガラパゴス不況招くか 続きを本紙で読む 》

日本は韓国に報復措置を取るのか?「先に打撃を受けるのは日本」とも―韓国紙

2019年3月13日 Recordチャイナ, ニュース ,

2019年3月12日、観察者網は、元徴用工判決問題で日韓関係が冷え込む中、日本の経済界がへの
「報復措置」
を検討しているとする韓国紙・中央日報の報道を伝えた。 

中央日報の。 

次に記事は、韓国の高麗大学グローバル日本研究院の金永根(キム・ヨングン)教授が

「政治と経済は分けて対応すべきだが、経済政策を担当する経済産業省まで出てきたのが問題の核心」
と指摘し、
「元徴用工判決の後で、冷静だった日本の官僚まで感情的になっている」
と述べたことを伝えた。 

さらに、

「日本の経済界は韓国に対し関税と原材料・部品輸出制限という『報復シナリオ』を検討しているとみられる」
とする一方、経済専門家の話として
「日本が韓国に対し使えるカードには反ダンピング関税や保護関税などがあるが、正当な理由がなく、また、世界貿易機関(WTO)協定に違反するため、カードを使用する可能性は低い」
そして、
「関税よりは輸出制限の方が可能性は高い。韓国の原材料や部品の輸入は、日本からのものが全体の15%から16%で、『制限は韓国経済に一定の影響を与える』という分析もある」
と紹介した。 

一方、韓国のある専門家は、輸出制限による韓国経済への打撃は

「限定的」
だと推測している。最も大きな理由は中韓貿易規模と比べて日韓貿易規模が小さいこと。韓国関税庁の公表したデータに
日本は韓国に報復措置を取るのか?「先に打撃を受けるのは日本」とも―韓国紙 続きを本紙で読む 》

国際社会に「うその保証」?北朝鮮の非核化を確信していた韓国政府に厳しい批判、米国では「韓国責任論」も

2019年3月13日 Recordチャイナ, ニュース ,

2019年3月12日、・朝鮮日報は
「が米朝、南北首脳会談の期間中にも核物質の生産を続けていたと報じられたことで、北朝鮮の非核化の意向を保証してきた韓国政府は難しい立場となっている」
 

記事によると、米国の一部からは

「韓国責任論」
が浮上し、対北朝鮮制裁の緩和推進への批判も強まっている。アインホーン元米国務次官補は
「(北朝鮮の)非核化がこう着状態にある中で(ムン・ジェイン)大統領が南北関係の進展を進めるなら、大きな失敗となるだろう」
と発言、米シンクタンク外交問題評議会のスナイダー上級研究員も
「韓国が今、仲裁者の役割を務めようというのは欲張り過ぎだ」
との考えを示したという。 

韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は昨年3月9日、米ホワイトハウスで大統領と会い

「(キム・ジョンウン)委員長は非核化の意向がある」
と述べた。これが、トランプ大統領が米朝首脳会談を進める契機となった。しかし、その間にも北朝鮮が大量の核物質を生産していたのが事実であれば、
「韓国政府は米国をはじめ国際社会に対し、北朝鮮の非核化について『うその保証』をしたことになる」
と、記事は指摘している。文大統領は今月4日にも
「寧辺(ヨンビョン)核施設が完全に廃棄されたら、北朝鮮の核廃棄は不可逆的な段階に入る」
と述べている。ハノイでの米朝首脳会談が決裂した後も、韓国大統領
国際社会に「うその保証」?北朝鮮の非核化を確信していた韓国政府に厳しい批判、米国では「韓国責任論」も 続きを本紙で読む 》

在韓米軍、THAADの正式配備に向けた手続き始めるか

2019年3月13日 ニュース, ハンギョレ ,

 在韓米軍が先月21日、慶尚北道星州郡(ソンジュグン)のTHAAD(高高度防衛ミサイル)基地70万平方メートルに対する事業計画書を提出したことが、12日に確認された。米国が正式にTHAAD配備に向けた手続きに入ったことを意味する。 在韓米軍が提出した事業計画書には、THAAD基地の造成と運用に関する詳細な内容が盛り込まれているという。チェ・ヒョンス国防部報道官は同日、

「事業計画書の細部内容をめぐる実務協議が進められている」
とし、
「政府は民主的手続き的正当性と透明性を確保するため、国内法に基づき、一般環境影響評価(アセスメント)を実施する予定だ」
と述べた。 一般環境影響評価に入るためには、事業計画書評価協議会の構成および審議、評価書の草案作成および協議、住民の公聴会および説明会の開催、評価書本案の作成および協議をまず行わなければならない。一般環境影響評価は通常1年程度かかると予想されるが、協議過程で意見の食い違いが生じたり、住民の意見聴取の過程で衝突が発生した場合、一般環境影響評価まで進むだけでも相当な時間がかかる可能性がある。 中国と北朝鮮の反応も配備に影響を及ぼす要因になり得る。中国はTHAAD配備に反発し、韓国に経済的報復まで加えたが、2017年10月、韓国がいわゆる
𰃃NO」
(THAADの追加配備、ミサイル防衛への参加、韓日米軍事同盟を追求しない)立場を表明したことで、
在韓米軍、THAADの正式配備に向けた手続き始めるか 続きを本紙で読む 》

麻生副総理「韓国送金・ビザ停止を検討」 徴用被害訴訟の報復に言及

2019年3月13日 ニュース, 韓国・中央日報

  韓国の徴用被害訴訟で賠償命令を受けた日本企業の資産差し押さえに関連し、麻生太郎副総理兼財務相が送金やビザ発行の停止などの報復措置を具体的に検討していると12日、明らかにした。日本政府レベルで報復措置として韓国に対する送金停止やビザ発行停止に言及したのは今回が初めて。 

  麻生副総理は

「関税に限らず、送金の停止、ビザの発給停止とかいろんな報復措置があろうかと思う」
と語ったと、共同通信がこの日報じた。衆院財務金融委員会で議員の質問に答えながらだ。 

  この日、麻生副総理は

「そういったものになる前の所で交渉しており、きちんとした対応をやっていかないといけない」
とし
「報復措置が実施されないように努力している」
とも述べた。また
「これ以上、事が進んで実害がもっと出てくるということになってくると別の段階になる」
と付け加えた。事態の推移を眺めながら日本側が対応の強度を高めるということだ。 

  これに先立ち時事通信は9日、韓国人徴用被害訴訟の原告側が日本被告企業の韓国内差し押さえ資産を売却すれば日本政府が関税引き上げなどで正面から対抗することにした日本企業の資産が韓国に差し押さえられて売却される場合▼報復関税▼一部の日本製品の供給停止▼ビザ発行制限など韓

麻生副総理「韓国送金・ビザ停止を検討」 徴用被害訴訟の報復に言及 続きを本紙で読む 》

B737MAXの相次ぐ事故 航空各社・乗客に動揺=韓国

2019年3月13日 ニュース, 朝鮮日報

【ソウル聯合ニュース】米航空機大手、ボーイングの最新の小型機

「737MAX」
が5カ月で2回の墜落事故を起こしたことを受け、同機を導入した格安航空会社(LCC)のイースター航空や導入を推進している大韓航空など韓国の航空会社が成り行きを注視している。 韓国の航空会社ではイースター航空が昨年末から今年の初めにかけて2機を導入し、日本やタイに向かう路線で運航されている。 航空業界関係者は
「航空機の事故はその特性上、事故原因が明らかになるまで調査に長い時間がかかる」
とし、
「何か問題があるという結果がはやく出れば、整備して修正することができ、気も楽だが、不安が解消されるまで時間が必要と思う」
と述べた。 韓国政府も万が一の事態に備え、迅速な対応を取った。国土交通部はこの日、イースター航空に航空安全監督官を派遣し、同機の機体とソフトウェアの緊急点検を実施し、操縦士・整備士などに対し、安全関連マニュアルを守るよう強調した。 乗客の一部は政府のこのような対応は不十分とし、不安を訴えた。 イースター航空で12日の宮崎行きの便を予約した人は、
「10日に墜落したエチオピア航空の飛行機と同じ機種であることを知り、非常に不安だ」
とし、
「予約を変更したり取り消したりすればどうなるかイースター側に問い合わせたところ、違約金が発生すると言われたが、不合理だ」
と話した。また
「韓国は国土交通部が緊急安全点検をすると
B737MAXの相次ぐ事故 航空各社・乗客に動揺=韓国 続きを本紙で読む 》