仁川の売春街「イエローハウス」撤去に着手…住民らは反発も

2019年2月17日 ニュース, 韓国・中央日報

  仁川(インチョン)の売春街として知られる

「イエローハウス」
の撤去が始まった。性売買従事女性らによると16日午前8時30分ごろに撤去作業員がフォークレーンを動員して集結地内の食堂の建物を壊し始めた。 

  この一帯にはまだ住民が居住している。住民のイさん(38)は

「撤去業者が食堂をはじめ空き家の性売買業者など近隣にある建物を順に撤去している。町内が荒廃しないか心配だ」
と話す。 

  昨年6月に仁川市弥鄒忽区(ミチュホルク)は崇義(スンウィ)1区域地域住宅組合の設立を承認した。組合はイエローハウスと周辺地域1万5600平方メートルにマンションを作るため撤去を予告した。先月この地域の一部商店街・住宅を撤去したが、議論になった性売買業者を撤去したのは初めてだ。 

  弥鄒忽区崇義洞にあるイエローハウスは1962年に造成された。一時は30ほどの業者が営業していたが、2004年の性売買防止特別法施行、2006年の崇義洞都市住居環境整備事業計画策定などで減り、現在は10カ所ほどが残っている。 

  性売買従事女性と業者関係者など20人ほどが

「行く所がない」
として退去を拒否しており、撤去過程での衝突も懸念される。先月13日には撤去業者
仁川の売春街「イエローハウス」撤去に着手…住民らは反発も 続きを本紙で読む 》

【社説】危機の現代自動車、ビル建設に4兆ウォンを使っている場合か

2019年2月17日 ニュース, 朝鮮日報

 ソウル市は現代自動車グループの新社屋となるグローバルビジネスセンター(GBC)や永東大路複合開発など

「蚕室国際交流複合地区開発」
に今年7月にも着工するという。このプロジェクトは現代自がGBCの建設許可を得る見返りに支払う公共寄与金1兆7000億ウォン(約1700億円)がシードファンドとなる。現代自がくわ入れを行わなければ、スタートを切ることができない。朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長は、このプロジェクトによって期待される雇用創出を業績として残したい構えだが、それを可能にするには、現代自が今後2-3年に3兆-4兆ウォンを支出しなければならない。 しかし、韓国の自動車産業が直面する状況を見ると、現代自が超高層ビルを建てるのにそれほど多額の資金を使うべきなのかという懸念が生まれる。社内の一部にも
「今はビルを建てるのにカネを使っている場合ではない」
との声があるという。現代自は昨年、営業利益が47%、純利益が64%それぞれ減少した。生産能力を年181万台に増やした中国工場の稼働率は44%にまで低下した。四川工場の昨年の生産台数はわずか1万2000台だった。事実上工場は稼働停止状態だ。今年に入って回復の兆しが見える米国市場では関税爆弾が山積みだ。米国が輸入完成車に最高25%の追加関税をかければ、現代・起亜自が最も打撃を受けるという。韓国政府と地方自治体の圧力に屈する形で、530億ウ
【社説】危機の現代自動車、ビル建設に4兆ウォンを使っている場合か 続きを本紙で読む 》

韓国の独立運動100周年、文大統領の対日メッセージのテーマは?=韓国ネットから不満の声

2019年2月17日 Recordチャイナ, ニュース ,

2019年2月14日、・聯合ニュースTVは、(ムン・ジェイン)大統領の三一節(独立運動記念日)のキーワードは
「北東アジアの未来」
だとし、
「日韓の対立も解消されるだろうか」
 

韓国大統領府では同日、来月1日に100周年を迎える三一節で文大統領が発表するメッセージについて考える初の実務会議が開かれた。 

日韓が対立する徴用工問題やレーダー問題などについての直接的な言及は避けるものとみられている。大統領府関係者は

「日本を直接的に批判することはない」
とし、
「日韓の政治家が対立を悪化させる状況を避けるため」
と説明したという。 

最後に記事は

「過去の問題により未来志向的な関係が妨げられてはならないという大乗的なメッセージに日本がどう反応するか注目される」
と伝えている。 

これに、韓国のネットユーザーからは

「三一節と北東アジアに何の関係が?」
「東北アジアの未来ではなく韓国の未来はどうなっている?」
「大統領はいつも東北アジアの未来のことばかり考えている。韓国の一般市民の生活はこんなに苦しいのに」
「経済がぼろぼろだから庶民は東北アジアの平和になんか興味ないよ」
など不満の声が多く上がっている。 

また、日本へのメッセージについても

「日本は連日のように韓国を攻撃している。それなのに参加を求めるの?」
「なんで韓国が手
韓国の独立運動100周年、文大統領の対日メッセージのテーマは?=韓国ネットから不満の声 続きを本紙で読む 》

徴用被害者遺族ら三菱重工訪問 差し押さえ警告=新日鉄にも原告弁護士

2019年2月17日 ニュース, 朝鮮日報

【東京聯合ニュース】日本による植民地時代に三菱重工業に徴用などで強制動員された韓国人被害者の遺族が15日、弁護士や支援団体とともに東京の同社本社を訪れ、韓国大法院(最高裁)の賠償命令を履行するよう求めた。支援者らは、同社が協議に応じない場合は来月1日に韓国内の資産差し押さえなどの強制執行手続きを開始する用意があると表明した。

 また、同じく大法院から徴用被害者への賠償を命じられた新日鉄住金に関し、原告の弁護側がこの日、東京の同社本社を訪れ、面会を拒否すればすでに差し押さえた同社の韓国内資産の売却命令を裁判所に申請する予定だと明らかにした。 三菱重工を訪問したのは徴用被害訴訟の原告遺族の朴在勲(パク・ジェフン)さんと李圭梅(イ・ギュメ)さん、勤労挺身隊被害訴訟の原告遺族のオ・チョルソクさんで、

「名古屋三菱・朝鮮女子勤労挺身隊訴訟を支援する会」
の高橋信共同代表、
「朝鮮人強制労働被害者補償立法をめざす日韓共同行動」
の矢野秀喜事務局長ら日本の支援団体関係者が同行した。 大法院は昨年11月に徴用被害者と勤労挺身隊被害者への賠償を三菱重工に命じる確定判決を出したが、同社がこれを履行していないことから、原告側の弁護団は先月18日に協議に応じるよう求める要請書を同社に提出。
「2月末までに回答がない場合、判決にのっとった強制執行を行う用意がある」
と伝えてい
徴用被害者遺族ら三菱重工訪問 差し押さえ警告=新日鉄にも原告弁護士 続きを本紙で読む 》

金正恩氏 25日にベトナム入り予定=ロイター

2019年2月17日 ニュース, 朝鮮日報

【ワシントン聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が27~28日に予定されている2回目の朝米(米朝)首脳会談に先立ち、25日にベトナム入りする予定だと、ロイター通信が16日(現地時間)、ハノイから消息筋を引用して報じた。ベトナムの最高指導者、グエン・フー・チョン国家主席兼共産党書記長と会談するという。

 事実なら金委員長は朝米首脳会談前にベトナムを国賓訪問するとみられる。 ロイター通信は金委員長がベトナムで経済視察も行う予定金委員長はシンガポールで開かれた朝米首脳会談のときも、現地施設を視察した。

金正恩氏 25日にベトナム入り予定=ロイター 続きを本紙で読む 》

韓国外相 河野氏と会談=徴用問題巡る政府間協議要請に「検討中」

2019年2月17日 ニュース, 朝鮮日報

【ミュンヘン聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官と日本の河野太郎外相は15日(現地時間)にドイツで会談し、冷え込んでいる両国関係や2回目の朝米(米朝)首脳会談に向けた連携などについて意見交換した。

 康氏は会談後、記者団に対し、

「包括的に両国の懸案について話をした」
として、
「北と米国の間で大きな合意が行われ、実りある首脳会談になる必要があるということで一致した」
と述べた。 また、韓国の大法院(最高裁)が日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者への賠償を日本企業に命じた問題で、日本が韓国に要請した1965年の韓日請求権協定に基づく政府間協議を河野氏が改めて求めたとして、
「われわれは引き続き検討していると話した」

韓国外相 河野氏と会談=徴用問題巡る政府間協議要請に「検討中
続きを本紙で読む 》