元韓国最高ガールズグループ S.E.S.のシューが裁判所へ

2019年2月7日 芸能, 韓国・中央日報 ,

  ガールズグループS.E.S.出身の歌手シュー(ユ・スヨン)が7日午後、賭博容疑の2回目の公判のためソウル東部地裁に向かっている。 

  シューは詐欺容疑については

「嫌疑なし」
と判断されたが、マカオなど海外で約7億9000万ウォン(約7730万円)の賭博をした容疑で起訴された。

元韓国最高ガールズグループ S.E.S.のシューが裁判所へ 続きを本紙で読む 》

元徴用工判決問題、日本の協議要請に応じない韓国政府に賛否両論

2019年2月7日 Recordチャイナ, ニュース ,

最高裁判所の
「元徴用工判決」
をめぐり日本政府が韓国政府に協議の開催を要請している問題で、韓国・聯合ニュースは7日、
「韓国政府は要請に応じないとみられる」
 

日本企業に韓国人元徴用工への賠償を命じた韓国最高裁の判決をめぐり、日本政府が日韓請求権協定に基づき政府間協議の開催を要請してから8日で30日となる。 

これについて記事は

「韓国政府は特別な立場表明をしない方法で対応するとみられる」
とし、その理由について
「日本が協議を要請したのは、紛争解決手続きを踏んだにもかかわらず解決法が定まらなかったと主張すると同時に、同問題を国際司法裁判所(ICJ)に提訴したいという考えがあるとの見方が強いため」
としている。また
「韓国が2011年に問題解決に向け日韓請求権協定に基づき協議を要請した際、日本は応じなかった」
とし、
「この前例も考慮したとみられる」
と分析している。 

これに、韓国のネットユーザーからは

「日本は話が通じる相手じゃない。だから無視することにしたのだろう」
「いい対応だ。日本に弱みを握られてはいけない」
「文大統領で本当によかった。(パク・クネ前大統領)だったら慌てて日本に駆けつけていただろう」
など韓国政府の対応を高く評価する声が上がっている。 

一方で

「日本に背を向けることが愛国ではない。むしろ韓国が損するだけ」
元徴用工判決問題、日本の協議要請に応じない韓国政府に賛否両論 続きを本紙で読む 》

韓国野党議員「文大統領、選挙犯罪認められた場合には当選無効…弾劾以前から世論操作」

2019年2月7日 ニュース, 韓国・中央日報

  韓国野党

「自由韓国党」
の金鎮台(キム・ジンテ)議員は7日、
「第19代大統領選挙で選挙犯罪が認められた場合、文在寅(ムン・ジェイン)大統領も当選無効になる」
とし
「文在寅・金正淑(キム・ジョンスク)特検法を発議して真実を明らかにする」
と話した。 

  金議員はこの日の国会記者会見で

「文在寅大統領と金慶洙(キム・ギョンス)慶南(キョンナム)知事が共犯なら、当選無効が可能だ」
とし
「現職大統領も調査が可能だ」
と主張した。 

  続いて金議員は

「ドルイドキングが(コメント操作プログラムの)キングクラブの試演を行った時点が2016年11月で、弾劾以前からすべての世論が操作されていた」
とし
「文大統領はもちろん、金正淑氏が選挙犯罪で罰金300万ウォン以上宣告されれば当選無効」
と話した。また
「選挙犯罪は控訴時効が6カ月だが、共犯または参考人を逃避させた時は3年に増える」
と話した。 

  金議員は

「2017年5月、大統領選挙直前に中央選挙管理委員会はヌルプナム出版社を検察に捜査依頼したが、検察がぐずぐずしながら5カ月後に不起訴処分にした」
とし
「これほどになればろうそく権力が『共犯・参考人を逃避させた時』に該当する」
と話した。 

  金議員は

韓国野党議員「文大統領、選挙犯罪認められた場合には当選無効…弾劾以前から世論操作
続きを本紙で読む 》

大韓民国の建物が老いていく…老朽建築物が4割に迫る

2019年2月7日 ニュース, 韓国・中央日報

  昨年12月12日、ソウル市江南区三成洞(カンナムグ・サムソンドン)のテジョンビルに使用禁止措置が下された。ソウル市が崩壊の危険があるとの通報を受けて緊急安全点検をした結果、最下位等級(E等級)と判定されたためだ。先月21日からは精密安全診断をしている。 

  問題のテジョンビルは1991年に竣工した。建てられてから30年が経ったということだ。テジョンビルが崩壊の危険に直面した原因について、一部からは欠陥工事(基準未満の強度のコンクリートを使用)可能性を提起しているが、根本的に建物の老朽化現象が根底にある。 

  さらに深刻なのは、テジョンビルよりも築年数が古い建物が全国的に増えているという点だ。最近、

「老朽建築物」
の割合が4割に迫っていて、安全に対する懸念を大きくしている。国土交通部は竣工後30年以上経った建物を老朽建築物と規定している。 

  7日、国土交通部によると、全国の老朽建築物の比率(同基準)は2014年末35.8%、2015年末36.0%、2016年末36.0%、2017年末36.5%、2018年末37.1%(719万1912棟中266万6723棟)と徐々に増えている。 

  昨年末に時点を固定すると、地方

大韓民国の建物が老いていく…老朽建築物が4割に迫る 続きを本紙で読む 》

韓日間の哨戒機戦力格差はどれほどなのか?

2019年2月7日 ニュース, 韓国・中央日報

  韓日は昨年12月から哨戒機をめぐる軍事的問題が生じている。哨戒機は海上で偵察と警戒業務を遂行し、場合によっては攻撃任務まで遂行できる。この哨戒機の戦力規模は日本が韓国の7倍と明らかになった。 

  3日付の韓国の日刊紙・韓国日報の報道によると、韓国軍は1995年からロッキード・マーティン社のP-3C哨戒機を導入し、現在16機の哨戒機を運用中だ。 

  一方、日本が保有するP-3系列の哨戒機は80余りで韓国の5倍以上で、2007年から実践配備した最新鋭の対潜水哨戒機P-1も30機余りある。これを合わせると哨戒機保有数だけで日本は韓国より7倍の哨戒機を有している。 

  特に最新鋭対潜水哨戒機として知られるP-1はP-3系列の哨戒機より性能が優秀だと知られている。P-1はP-3より航続距離が2倍近く、速度も200余キロメートル速いまた、上昇限度も約1.3倍の高さと知られている。日本はこのP-1を今後80機余りまで増やす計画を立てている。 

  一方、韓日間の哨戒機問題は解決の兆しが見えずにいる。韓国国防部は日本と対話の扉を開いたとしても日本がレーダー情報を先に明らかにすべきだと主張している。しかし、日本はレーダー情報を明ら

韓日間の哨戒機戦力格差はどれほどなのか? 続きを本紙で読む 》

BIGBANGのV.I、入隊前最後のソウル・コンサートのキャンセル相次ぐ…なぜ?

2019年2月7日 芸能, 韓国・中央日報

  人気アイドルグループBIGBANG(ビッグバン)V.I(ヴィ・アイ)が今月16日・17日にソウル・オリンピック公園で入隊前最後のコンサートを開催するが、チケットのキャンセルが相次ぎ注目を集めている。 

  7日現在、V.Iのコンサートチケット販売サイトなどによると、16日と17日の公演に400席近い空席が残っている。昨年12月18日・19日に行われたコンサートはチケット発売開始と同時に完売を記録したが、今回のコンサートは正反対の結果が見られている。 

  今回のコンサートチケットキャンセルの事態はV.Iが社内理事を務めていたソウルのあるクラブで暴行事件が起きた余波と見られる。各種SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)やコミュニティ・サイトにはコンサートチケットを譲るという投稿が相次いでいる。 

  V.Iはクラブ暴行事件後、2日に自身のSNSを通じて

「広報を担当するクラブの社内理事を務め、対外的にクラブを知らせる役割を担当した」
とし、
「経営などには初めから関与していないが、初めから責任ある姿勢をお見せできず深く反省する」
と説明した。 

  

BIGBANGのV.I、入隊前最後のソウル・コンサートのキャンセル相次ぐ…なぜ? 続きを本紙で読む 》

【取材日記】フィリピンから韓国に戻ってきたプラスチックゴミ

2019年2月7日 ニュース, 韓国・中央日報

  ソル(旧正月)連休真っ只中の今月3日、コンテナ船一隻が京畿道平沢(キョンギド・ピョンテク)港に停泊した。51個のコンテナにはプラスチックゴミ1200トンがぎっしり詰まっていた。フィリピンに不法輸出された韓国産プラスチック廃棄物が3カ月ぶりに戻ってきた。昨年、フィリピンに不法輸出された廃棄物は合計6300トンだ。このうちフィリピン・ミンダナオ島オロ港内のコンテナに保管されていた廃棄物が先に返送された。 

  輸出した廃棄物をまた持ち帰ってきたのも国際的な恥さらしだが、帰ってきた不法廃棄物をどのように処理するかについてはもっと大きな問題だ。一次的には廃棄物を輸出した企業が金を出して直接処理しなければならない。だが、該当企業は廃業したうえ連絡すら取れないという。政府が廃棄物を代わりに処理した後、求償権を請求する流れが有力だ。 

  国内でゴミを廃棄するには1トンあたり15万ウォン(約1万4700円)ほどかかるが、輸送費まで含めると合計10億ウォン以上必要だ。代執行すれば環境部が70%、地方自治体が30%の予算を負担する。財産差し押さえなどを通して企業から処理費を回収するのも現実的に容易ではない。結局、税金を費やして廃棄物を処理しなければならなくなる。この日戻ってきたプラスチックゴミは、当分、

【取材日記】フィリピンから韓国に戻ってきたプラスチックゴミ 続きを本紙で読む 》

「マイナス」の予測まで出てきた韓国輸出…1月は13大品目のうち9品目が減少

2019年2月7日 ニュース, 韓国・中央日報

  韓国の輸出戦線に濃い暗雲が立ち込めている。輸出が2カ月連続で後退している中で、今年の輸出増加率がマイナスに転じるという暗鬱な見通しまで出てきた。 

  産業通商資源部が6日に明らかにしたところによると、先月の輸出は昨年1月より5.8%減った463億5000万ドルを記録した。昨年12月のマイナス1.2%に続き2カ月連続の減少だ。2カ月連続で輸出が減少したのは2016年9~10月から27カ月ぶりだ。 

  これは輸出のドル箱である半導体の不振によるところが大きい。国際市場で半導体価格が大きく下がり、半導体輸出額は昨年12月にマイナス8.3%と27カ月ぶりにマイナス成長を記録したほか、先月には減少率が23.3%まで拡大した。半導体・一般機械の次に輸出規模が大きい石油化学も輸出増加率は2カ月連続でマイナスだ。先月減少に転じた石油製品のように国際原油価格下落の影響を受けた。 

  グローバル競争が激化しているディスプレーは5カ月連続、無線通信機器は6カ月連続で輸出額が前年より減った。今年1月を基準で見ると13大輸出主力品目のうち9品目の輸出額が昨年1月より減った。 

  国別には最大貿易相手国である中国への輸出額が昨年11月から

「マイナス」の予測まで出てきた韓国輸出…1月は13大品目のうち9品目が減少 続きを本紙で読む 》

「これのどこが協議?」呼称問題めぐる日本政府の態度に韓国ネットで不満続出

2019年2月7日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年2月6日、・JTBCは
「日本海呼称問題で日本が、やむを得ず協議はするが核心部分は議論しないという二重戦略を取った」
 

日本政府は同日、

「日本海呼称問題」
をめぐり韓国政府との協議に応じる方針を固めたが、
「日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)併記」
には応じない考えを示した。 

国際水路機関が発刊する国際標準海図集

「大洋と海の境界」
には日本海が単独で表記されており、韓国政府は1997年から
「日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)併記」
を求めてきた。2017年に行われた総会では、関係国が協議して海図集が改訂される2020年までに報告することが義務付けられた。記事は
「これまで協議を拒否していた日本は、国際水路機関からの強い圧力を受けて応じることにしたが、日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)併記に関する議論はしないとの考えを示した」
とし、
「日韓の立場には大きな開きがあるため、協議で結論を出すのは難しいだろう」
と伝えている。 

これに、韓国のネットユーザーからは

「日本は本当に幼稚だ」
「日本政府はいつもひきょう」
「これのどこが協議?議論を拒否したら協議は成り立たない」
「お互いの主張を聞いて解決に向けて努力するのが協議だ」
「強者にはこびを売り、弱者には傲慢(ごうまん)に振る舞う日本」
など、日本政府の“一方的な態度”を指摘する声が数多く上がっている。 

その他

「せっかく協議するのだから、うまく話しをまとめて日本海(国際水路機関による国際表示、韓国は東海を主張)を
「これのどこが協議?」呼称問題めぐる日本政府の態度に韓国ネットで不満続出 続きを本紙で読む 》

看板もメニューも全部日本語!?韓国の“日本化”に反感の声も

2019年2月7日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年2月6日、・マネートゥデイによると、韓国では若者の間に広がる
「日本食ブーム」
により、日本語のメニューや商品が急増している。これに対し、一部からは反感の声が上がっているという。 

記事によると、韓国のSNSで日本式発音の

「サンド」
を検索すると約9000件に及ぶ投稿がヒットする。韓国では日本式サンドイッチが人気を集めており、
「たまごサンド」
「フルーツサンド」
「カツサンド」
はそれぞれ4万2000件、2万4000件、1万1000件の投稿がヒットする。そのほか抹茶、コーヒー、もち、あんバター、ケーキなども日本式発音がよく使われているという。 

また、店名を日本語で付ける飲食店も多い。

「シアワセ」
「ココロベントウ」
などの日本語をハングルで表記するケース、さらに平仮名やカタカナで表記するケースもあるという。全州にあるとんかつ専門店は看板が日本語、さらにメニューが全て
「オヤコドン」
「アゲダシドウフ」
など日本式発音で表記されている。 

これに対し客の一部からは反感の声も上がっている。ある20代の会社員は

「すし屋でイカ、エンガワと書かれていたのでどういう意味かと尋ねると、店員にこんなことも知らないのかという顔をされ驚いた」
と話したという。 

さらに最近では、大手企業が

「オルクン(韓国語でピリ辛の意)ウドン」
との名前で販売してい
看板もメニューも全部日本語!?韓国の“日本化”に反感の声も 続きを本紙で読む 》

日本は漂流船員を早期送還、北朝鮮は謝意…「日朝関係に良い信号」

2019年2月7日 ニュース, 韓国・中央日報

  ベトナムで開催される2回目の米朝首脳会談に関連し、菅義偉官房長官が6日、

「朝鮮半島の完全な非核化に向けた北朝鮮側のコミットメントを含む米朝首脳間の昨年6月の合意が完全、迅速に履行されることを期待したい」
と強調した。続いて
「最も重視する拉致問題解決のために米国と連携していて、2回目の米朝首脳会談でも米国と協力し政策を擦り合わせていきたい」
と述べた。最初のシンガポール米朝首脳会談当時に浮上した
「ジャパンパッシング」
(日本排除)を懸念するような雰囲気だ。 

  北朝鮮側の反応も以前とは違う。北朝鮮赤十字社は4日、朝鮮中央通信を通じて

「赤十字社中央委員会が過去数年間に遭難した我々の船員が無事に帰国できるよう何度か人道主義的ほう助を提供した日本当局に謝意を表示した」
日本に対して敵対的だったこれまでの発言とは明確に異なる。2回目の米朝首脳会談を控え、停滞状態だった日朝関係も動き始めるのではという観測が出てくる理由だ。 

  日本海上保安庁によると、北朝鮮船舶が日本海域に漂流してきた件数は昨年225件で、前年度の2017年に比べて倍近く増えた。統計を出し始めた2013年以後最も多い。北朝鮮船舶を発見するたびに日本政府は北朝鮮船員の身分や帰国意思などを確認し、北朝鮮に送還してきた。 

日本は漂流船員を早期送還、北朝鮮は謝意…「日朝関係に良い信号
続きを本紙で読む 》

韓国メディアが「日本の軍事大国化」を懸念=韓国ネットも焦り「韓国政府よ、しっかりしてくれ」

2019年2月7日 Recordチャイナ, ニュース , ,

2019年2月5日、・聯合ニュースTVは
「新たな防衛戦略を確定した日本が軍事大国化を進めており、今年はさらに急速に進むことが予想される」
 

記事は

「日本の防衛費は5年連続で過去最高額を記録し、今年は5兆2500億円に上る」
と伝え、
「地上配備型の迎撃システム、早期警戒機、最新鋭ステルス機の購入費用などが含まれている」
と説明している。また
「保有の計画も段階的に進めるとみられる」
として、
「全長248メートルに達する超大型護衛艦を、戦闘機の離着陸が可能な『事実上の空母』に改修することを決定した」
「垂直離着陸が可能な米国の最新ステルス機F35-Bを搭載する見込みだ」
など、日本の新防衛大綱の内容について詳細に伝えている。 

このように改修した護衛艦は、日本では憲法上、保有が認められない

「攻撃型空母に該当する」
との批判が上がっているが、
「首相は正面突破する方針だ」
とも述べている。 

この記事に対し、韓国のネットユーザーからは

「日本や中国は軍事大国化していくのに、韓国は兵力が減り、兵役期間が短くなったうえに、兵士が平日にも外出して遊びに行けるようになった。政府よ、しっかりしてくれ」
「周辺国は軍事力を強化しているのに、韓国軍は国立ボーイスカウト体験団のレベルにダウングレード中」
「全神経をに向けているうちに、日本に背後からやられそうだ」
「北
韓国メディアが「日本の軍事大国化」を懸念=韓国ネットも焦り「韓国政府よ、しっかりしてくれ
続きを本紙で読む 》

「今度は撤去しろと言わせない」…私有地に慰安婦像建てたフィリピンの活動家

2019年2月7日 ニュース, ハンギョレ

 フィリピンの有名リゾート地ボラカイ島に入る玄関口のパナイ島カティクランに、日本軍

「慰安婦」
被害者を記憶する銅像が立てられた。 産経新聞は、フィリピンの人権運動家、ネリア・サンチョ氏が5日、カティクランに
「慰安婦」
被害を受けたフィリピン女性をモデルとする銅像を建立し、除幕式を開いたと6日報じた。サンチョ氏は
「日本の過去の清算を要求する国際連帯協議会」
代表を務めている。サンチョ氏は、私費と寄付金など70万ペソ(約145万円)を投じて昨年7月に銅像を完成し
「第2次大戦当時、日本軍による性奴隷フィリピン人慰安婦」
という字句を刻んだ。 サンチョ氏は、この銅像を自身が所有する駐車場に設置し、
「今度は(日本政府から)銅像を撤去しろという圧力は受けないだろう」
と話した。フィリピンでは2017年、首都マニラに慰安婦記念碑が設置され、昨年12月にマニラ近郊のサンペドロ市にも韓国の団体が寄贈した少女像が設置された。しかし、両方とも日本政府が圧力を加えたせいで撤去された。サンチョ氏の話は、私有地に銅像を建てたので、日本政府が圧力を加えてきても撤去せずに済むという意味だ。 5日の除幕式には、台湾、北朝鮮、韓国、日本から来た約20人が参加した。地域の高校生70人余りも参加して、亡くなった慰安婦被害者を追悼する詩を朗読した。日本は1941年、当時米国領だったフィリピンに侵攻し、フィリピンの女性たちも日本
「今度は撤去しろと言わせない」…私有地に慰安婦像建てたフィリピンの活動家 続きを本紙で読む 》